FC2ブログ

消費増税でいよいよ不況到来か



 ロイターによると、10月の鉱工業生産は大方の想定以上に落ち込み、台風の影響を考慮しても弱さが際立つ結果となったそうです。にもかかわらず麻生財務大臣や政府に迎合するエコノミストは台風のせいだとしています。お上がこういう状態ならば、いよいよ不況が到来しそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 ロイターによると日用品など非耐久消費財の出荷は前月比4.6%の減少で、自動車や家電製品など耐久消費財は7.1%もの落ち込み。 このほか、小売販売額は前年比7.1%減と民間予測以上の減速となりました。また、ひふみの藤野社長によると11月の消費関連企業の月次も数字が悪く、11月は台風は関係ないわけですから、麻生大臣らのいうことがまやかしだとわかります。

 以前から、経済統計が悪いとすぐ天候のせいにされるのですが、地球温暖化もあり、異常気象がこれほど続くと、さすがに天候のせいばかりにするのはいかがでしょうか。それより、消費増税で消費マインドが冷え込んだ上、相次ぐ大企業のリストラもあり、個人消費が回復するとはとても思えません。

 10月の家計調査では、2人以上の世帯の消費支出は1前年同月比5.1%減。マイナスは11カ月ぶりで、落ち込み幅は5%から8%に消費税率を上げた後の2014年4月(4.6%減)より大きかったという結果も出ています。ここからそんなにすんなり回復するとは思えません。

 政府は大規模な経済対策を構えていますけれど、災害復旧や、マイナンバーカードの普及など消費回復に役立つかよくわからないものが多い。それにそもそも26兆円も経済対策をするのならば、 たかだか数兆円しか増収が見込まれない消費増税って何の意味があったのかという気がします。

 不況になれば株安になります。そのときでも慌てないでむしろ買い続けられるかどうかが、インデックス投資の肝になるのではないでしょうか。もっとも、無職になる僕からすると、このまま好景気株高のほうがありがたいのですけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR