FC2ブログ

母が倒れて介護と仕事の困難を実感



 日曜日の深夜、母が自宅で転倒し、手を骨折しました。ものすごい痛がるので救急車を呼び、救急病院で固定の措置をとってもらいました。母はあまり体は強くなく、以前、別居していたときには1、2ヶ月に1度は救急車を呼んでいたのですが、僕が介護のために同居するようになってからは1年ぶりぐらいの救急車です。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 頭は打っていないようなのが不幸中の幸いでしたが、とにかく痛がっていたので、未明まで病院に詰めました。翌日は整形外科で詳しくみてもらうことになりましたが、とにかく病院が混んでいること混んでいること。当初は午前中だけ休みをとる予定が、どんどん時間がおしていきます。

 さらに、整形外科の先生が、手術をしたほうがいいと診断したため、その検査に付き添うことになり、1日がかりとなりました。会社に連絡して午後も休ませてもらいましたが、なかなか、それが大変。自分の仕事があったのに、代わりにやってもらわないといけないのです。

 入院しちゃえば、あとは病院にお任せできますが、病院の都合で手術日が先になり、しばらく食事や掃除など家事が困難になります。ヘルパーさんを頼もうにも急なことなので今週は都合がつかず、僕が家事もすることになりました。病院への送り迎えもあります。まだ自分でトイレにいけるので、重い介護をしている人からすれば楽でしょうが、仕事をしながらの介護で、心身ともにくたくたです。

 せめてリタイアにはいったあとにけがをしてくれれば、いくらでも介護に力をいれられるのにと不謹慎なことも思う始末。やはり、早くリタイアすることは重要だと思う今日この頃でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR