FC2ブログ

来年も米国株がウハウハとは限らない



 今年は米国株に投資していればウハウハでしたね。僕もS&P500のETF(SPDR)のほか、ナスダック100ETF(野村アセット)も保有しているので、超ラッキーという感じ。しかし、JPモルガンアセットの予想によると、今後、米国株は他地域に負けるとのことです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 同社が今後10~15年のマクロ経済見通しに基づき、株、債券、不動産などを地域ごとに60資産にわけて算出しました。世界経済の成長は幾分鈍化するものの、株式についてはバリュエーションの改善によって若干上向きになっています。さらに為替も円高になっていきそう。

 具体的なアセットをみると円ベースでは米国大型株の今後の期待リターンは年率3.5%なのに対して、日本大型株と欧州大型株は5%、新興国株は実に6.75%になっています。つまり、米国の大型株が他地域より劣後するわけです。ドルベースになると米国大型株は5.25%になりますが、日本株は6.75%、新興国株に至っては8.5%をたたき出すと予想されています。

 今は「米国は世界経済の中心だから最強」「米国株だけに投資すればいい」なんて意見が、僕のツイッターのタイムラインにもでています。けれどもこの予想が実現すると、今後10年以上、新興国株式投資家に「まだ米国株で消耗しているの」なんて、からかわれる可能性もあるというわけで。

 まあ、金融機関やアナリストの見立てというのは、当たるも八卦当たらぬも八卦といったところでしょうから、この通りになるかどうかはさっぱりわかりません。けれども臆病な投資家の僕としては、米国以外の国際分散も引き続き行っていくつもりです。

コメントの投稿

非公開コメント

本当に、そう思います。

昨年の10月から12月は悪夢のような下落でした。
今年の10月も、大きなリセッションが来ると噂されていました。
昨年の悪夢があったので、下落に備えて資産の一部を現金化しました。
結果は、昨年の損失を解消するくらいの資産増加でした。
結局、いつどんな要因で株価が上下するなんて、全然わからないと思い知らされました。

Re: 本当に、そう思います。

コメントありがとうございます。
専門家の予想も外れますし、一般人にはあてるのは難しい。
また、過去の成績がいいから未来もいいとは限りません。
国際分散投資のインデックスに長期投資が一番効率がいい気がします。

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR