FC2ブログ

逃亡に16億円使ったら財産は目減りする



 ブルームバーグによると、カルロス・ゴーン被告はレバノンに逃亡したため保釈金15億円を取り上げられたほか、年末の脱出作戦に1500万ドル(約16億円)も使ったそうです。これだけで31億円も使っているのはさすがは大金持ちですが、ゴーン被告といえどもさすがにこれだけの資金は影響が大きいようです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 ゴーン被告の脱出は、アメリカの軍事専門家チームが入念に下見をした上、プライベートジェットを使ったという意表を突くものでした。チームは最大25人にも上るというので、それは16億円はかかるだろうな、というところ。

 肝心のゴーン被告の資産ですが、1年前に1億2000万ドルだったのが今や7000万ドルまで減ったとか。7000万ドルといえばもちろん大金ですが、それでも孫正義氏なんか250億ドルの資産があると推計されていますから、それに比べたら1%にも満たないのです。

 さらに、日産やルノーはゴーン被告への退職金の支払いをやめ、その額は1億4000万ドルに上るとか。それだけの巨額の支払いが飛んだのをみると、やはり、逃亡は高くつくものです。そもそもゴーン被告は個人的な為替取引の失敗を穴埋めしようとしたのが、一連の騒動の原因とされています。逃亡でまともな大企業幹部に転身も難しいでしょうし、本人の資産運用もうまくないとすれば、どれほど大金をもっていても、将来的には厳しいところかもしれません。

 さらにロイターによると、レバノンは金融危機のさなかで、どんなに偉い人でも銀行から週300ドルまでしか引き出せないとか。まあ、カードがあるから問題ないでしょうけど、窮屈な生活になっているかもしれません。

 自分には一生縁の無い人たちと金額の騒動ですが、野次馬根性をかきたてられてしまいました。

コメントの投稿

非公開コメント

逃亡できるなら、

当然、逃亡するでしょう。
起訴されていれば、間違いなく有罪なって服役する羽目になったでしょうから、どんなに金がかかっても逃亡するでしょう。
金より自由です。

Re: 逃亡できるなら、

コメントありがとうございます。
自由だったらいいけれど、日本はもとより犯罪人引渡協定のあるアメリカにも行けないし、
日本で執行猶予付きの判決でももらったほうが、よほど後の人生は楽だった気もします。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR