FC2ブログ

何で株価が上がるのだろう



 ロイターによると、バーナンキ元米連邦準備理事会(FRB)議長は、コロナの悪影響でアメリカの経済は今年第2四半期に30%を超えて縮小する恐れがあり、経済が立ち直るまでに数年かかる可能性があるとの見方を示したそうです。ニューヨークの死者がまたもや最悪になりましたし、バーナンキさんの言うことは信用性がありそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 単純にEPSが3割下がれば株価も3割下がるはず。雇用も失業保険申請者が2週間で1000万件に及ぶなどダメージが大きい。最高値となっていた2月中旬は、不安材料が少なかったことからPERも高めでした。そう考えるとファンダメンタルズからみて、今の水準はまだ高めに思えます。なぜダウが反発しているのかよくわかりません。

 コロナに効く薬がみつかったから峠を越える期待があるとかいろいろいわれています。噂で買って事実で売るという言葉があるように、良い噂が株価を買い支えていることはあるでしょう。しかし、現実にコロナが峠を越えたかどうかはだれにもわかりません。中国の武漢の封鎖が解けたのは朗報ですが、これで気が緩んでぶり返す危険性も指摘されているのですから。

 一方で、本当にコロナが峠を越えたとすれば、もう二番底はこないかもしれません。そうなると、このあと、経済も再生への道を進み、各国が金融緩和や経済対策に大盤振る舞いしたため、バブルのように株価は復調するでしょう。まあ、コロナ次第で結局だれにもわかりません。

 そう考えると、新規に多額にスポット投資をする気は起きません。ダウが2万ドル切る水準にまだ落ち込むか、月末にリバランスが必要かどうかみて、それまでは大幅に積立額が減ったコツコツ投資を続けるのが無難な選択だと思ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近は、毎日資産額をチェックしています。
3月24日に底値になって、25日から上昇。
それから小刻みに上昇、下降を繰り返しながらも、全体としては緩やかに上昇しています。
3月24日から、約16パーセント増えています。
相変わらず、世界情勢は悪いのに、なんで上昇基調になっているだと不思議に思っています。
つくづく、投資の世界は摩訶不思議だと思い知られました。

Re: No title

コメントありがとうございます。

短期の上げ下げはランダムウォークという説を
信じたくなりますね。
二番底があるのかないのかだれにもわからない
でしょうから、退場しないで積み立てていくのが
一番無難なのでしょう
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR