FC2ブログ

灰色のサイが登場している気がする



 市場用語に最近、灰色のサイ(グレー・リノ)というのがあるそうです。ブラックスワンが、だれもが予期せぬ出来事で市場が暴落するのに対して、グレー・リノはある程度予想されているのに、市場参加者が軽視していること。2013年のダボス会議で、経済学者のミシェル・ウッカー氏が提唱したとか。僕は最近の市場をみると、灰色のサイがでているような気がしてなりません。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 日本政府は11年ぶりに景気悪化の判断を示しました。コロナの緊急事態宣言も当初予定されていたゴールデンウィーク明けには収まらず、延長されるのではとの見方もちらほらでています。欧米では早く経済再開に舵を切りたいという動きが出ていますが、完全に収束する前だと、むしろ感染の蔓延につながってしまいます。

 さらに全世界的に雇用は悪化し、政府の財政赤字は莫大なものになっています。コロナが回復しなければ原油余りも悪化したまま。産油国がデフォルトなんていうことになれば、激震が走ります。

 にもかかわらず日米とも株価は堅調。VIX(恐怖)指数は3月半ばに80をつけたのに、今は40程度しかありません。コロナが一段落し、治療薬も早期にできて経済が回復すれば、各国がじゃぶじゃぶにしている金融政策で一気にリスクオンとみているのでしょう。

 どちらの見方が正しいのか僕にはまったくわかりません。ただ、リタイアの身としては博打的に賭けるのではなく、悪いシナリオを考えつつ動かないと、人的資産がたりません。といって、市場から退場すればリスクオンに変わったときの果実も享受できません。毎度の結論ですが、そうなると、積立を地道に続けていくしかないのでしょう。上がっても下がってもうれしい積立投資という言葉をスローガンでなくて、自分で腹落ちさせているところです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR