FC2ブログ

勇気づけられたセゾン投信・中野社長の動画セミナー



 セゾン投信の大きな魅力に、中野社長の熱い発信力があると思います。長期分散投資について語る、セゾン投信のセミナーには何回も参加しましたが、コロナ禍のため現在は動画でセミナーをしています。24日夜のセミナーをライブで観てみましたが、中野社長の熱い語りは健在でした。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 ライブ中継中はチャットで質問もできますし、過去のものはYouTubeで見られます。24日夜のセミナーもさっそくアップされていますが、僕にとって有意義な話がいくつかありました。まず、債券は大きく株式が下がるときのクッションになるということです。

 セゾングローバルバンガードは株式と債券が1:1ですが、債券が半分入っていると、株価の上昇局面ではおいていかれる代わりに、今回のような局面では威力を発揮します。年初来の騰落率はマイナス9%にとどまっています。長期投資の場合は、マイナスをいかに小さくとどめるかが重要です。僕自身は株式と債券の割合は6:4とセゾンよりせめていますが、それでも債券がクッションになったと思っています。

 また、コロナショックがいつまで続くかわからないけれど、中野さんは各国政府の打ち出した財政出動、経済政策を評価しています。(日本にはやや不満気味でしたが)。「今は悲観の極だが、これがずっと続くのは歴史的にもありえない」といわれました。だから、今だけ見るのでなく、コロナが収束し、経済がV字回復したときについていくためにも積立投資を継続するべきという主張です。

 コロナによって経済界は大きく変わるかもしれません。けれども、そこに新しい商機はでてきます。世界全体に投資していれば、あとで振り返ったときに積立を続けることがいかに凄きことかわかるという中野さんの言葉に勇気づけられました。

 もちろん、このブログで何回も書いているように積み立ては続けていますけれど、やはり中野節ともいうべき熱い語りは、こういうグジグジしたご時世ではとてもうれしいものでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR