FC2ブログ

ゴールドマン・サックスが米市場は近く2割下げると予測



 アメリカの株価はここのところ堅調です。3月頭と比べると新興国株式は全然戻っていないのに、S&P500は5%減、NASDAQにいたってはプラスになっています。このままいくのかと思ったら、ゴールドマン・サックスがアメリカ市場は近く2割下げると予測を出しました。ブルームバーグの記事。 

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 アメリカはコロナの収束の兆しがまったくみえません。FTが各国の新規感染者のグラフを出していますが、中国、韓国に続いて日本も減速傾向がはっきりみえてきました。しかし、アメリカやイギリスはまったく減っていません。ニューヨーク州のクオモ知事も都市部での経済活動緩和がいつになるかわからないとしています。こうなると、実体経済が本当に今夏からV字回復するかはまったくみえてきません。

 ゴールドマン・サックスは「経済の再起動に時間がかかる」うえ、法人税増税の可能性や米中の貿易摩擦などのリスクがあると指摘しました。ただ、ゴールドマン・サックスの予想では今後3か月で2割下げた後、年末に戻ると予想しています。現在の株高に警鐘を与えるレポートですが、僕自身は、アメリカでコロナ終息のめどがたっていない以上、それでも甘いのではないかという気がしています。実際、米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は12日の議会公聴会で、経済活動の再開を急げば感染の再拡大を招き「とても深刻な結果をもたらす可能性がある」と警告しました。

 ただ、長期投資家にとっては株安はおいしいステージです。ウォーレン・バフェットの言葉を紹介しましょう。「もしハンバーガーを一生食べたいなら牛肉の値段は安い方が良いか、高い方が良いか。質問の答えは明らかだ。もし、あなたが今後利益を上げたいなら株価は高い方が良いか安い方が良いか。近々売ろうと思っている人なら、値上がりを喜んでいいが、これから株を買おうと思っている人は値下がりを喜ぶべきだ」。動揺しないでコツコツ買っていくことが重要ではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR