FC2ブログ

父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え



 米国の投資ブロガー、ジェイエル・コリンズの著書、「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」(ダイヤモンド社)はインデックス投資,なかんずくバンガードをめちゃめちゃ推している良書です。翻訳書ですが文体も読みやすく、初心者から上級者まで役に立つ本といえましょう。



 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 コリンズは経済的自由の大切さを、社会人になった娘に伝えようとします。その根本は当たり前ですが多くの人ができないこと。(1)支出を稼ぎより少なくする(2)余りは投資する(3)借金はしない。このうち、支出を稼ぎより少なくするというのは、経済的自由を得た後でも重要になります。もし何十億円もうけたとしても、使おうとすればあっという間になくなってしまうわけですから。

 本書では支出は資産の4%に抑えるということを推奨しています。これは米国株の平均リターンがこれまで4%をはるかに上回ったことが大きいのですが、日本でも国際分散投資で4%は狙えるでしょう。株と債券の割合についてもトリニティカレッジの詳細な研究を紹介していますので、4%ルールについて理解が深まるのではないでしょうか。

 さらに、投資については米国株のインデックスを推奨。これは、筆者を含む普通の人には常にインデックスに勝てるだけの能力がないからです。それより市場は短期では暴落することがあっても、長期では成長すると信じて、それにのっかるだけでよいというのです。

 そして、頭を使って個別株を買えばインデックスより良い結果を出せるという意見を「ばかばかしい」と一刀両断します。そして、「賢い人にとってただ全部の銘柄を買うインデックスに負けることを受け入れることは困難です」と言い放ちます。素直に自分が天才でないことを認めればいいのに、人間は自分が特別だと思ってしまうのですよね。

 このほか、インデックスの利点を平易な言葉で紹介して読みやすい。一番笑えたのは、「マーケットの権威になってテレビに出演する方法」。専門家を皮肉っている文章ですが、日本では外れっぱなしの人もテレビに出ているのであてにならないと笑えてしまいました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR