FC2ブログ

仮想通貨の元億り人が税金を払えないらしい



 現代ビジネスに「仮想通貨「元・億り人」を次々に襲う「人生棒に振るほどの重税」」という記事が掲載されていました。 2017年に高騰した仮想通貨は2018年に暴落しました。そして、資産1億円以上の億り人から転落した人たちに、今になって追徴課税の通知が来ているそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 記事によると、仮想通貨を円に利益確定せず、他の仮想通貨に乗り換えたときの利益を申告していなかった人が対象になったとのことです。記事では「国税庁は仮想通貨投資に関する所得の計算方法等をホームページ上で密かに公表している」などと、国税庁が悪いように書いていますが、当時仮想通貨をやっていない僕でも税金の話題がでていた記憶がありますし、払えなかった人は申し訳ないけれど自己責任ではないでしょうか。

 仮想通貨を他の仮想通貨に乗り換える際に課税するのはおかしいとの声も紹介されてましたけど、ちょっと考えればわかるように、FXでも株でも投信でも、乗り換える際は決済した段階で利益確定されたと課税されるわけです。ドルの儲けをユーロにかえても利確されるわけでしょ。「仮想通貨」といえども投資商品ですから、常識的にスイッチングに課税はかかって当然ではないでしょうか。

 また、仮想通貨といえども投資なわけですから、税制を含めたさまざまなリスクを検討するのは当然のこと。しかも、各国政府が仮想通貨の取引に注目しているのは普通にニュースをみていればわかります。利益があるところに税務署が乗り込むのも、これまた当然でしょう。

 記事では仮想通貨で大損したため、一生払っても返しきれない税額だとあります。しかも、違法な節税コンサルティング業者に大金を払ってしまった人も。「億り人」から転落した人を「戻り人」と呼ぶそうですが、お金は増やすのも大変だけど、それを減らさないことも大変だということを理解しないと、痛い目にあうリスクがあるのですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR