FC2ブログ

げんせん投信セミナー アクティブ投信もランダムウォーク理論で



 ニッセイアセットの「げんせん投信」のウェブセミナーに参加しました。げんせん投信は「厳選」と「源泉」をかけた日本株のアクティブ投信。伊藤琢ファンドマネージャーの思いに加え、セミナーなどで受益者との交流を図っており、僕も10万円余ですが保有しています。 

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 新型コロナで対面でのセミナーができなくなったことから、今回初めてウェブでのセミナーが開かれました。伊藤さんは、ひふみの藤野英人社長の弟子筋にあたり、二人の対談は以前、記事にしました。 藤野さんともども、日本株はインデックスに勝てると強気でした。

 実際にパフォーマンスをみると、5月が10.4%とTOPIX配当込みの6.8%を大きく上回っています。1年でも7.6%VS6.2%、マザーファンドとの比較になりますが、5年でも12%VS5.9%ですから、今のところ順調なようです。

 その伊藤さんの説明で面白かったのが、株価は短期ではランダムウォークであることと、市場が急上昇する稲妻の瞬間を逃さないということ。いずれもインデックス投資家にとっては常識ですが、アクティブのファンドマネージャーも同じことを考えているのかとちょっと驚きました。

 2004年~19年までのTOPIXの累積リターンは49.7%。ところが、毎年最も上昇した2日間をとれないと、なんとマイナス58.3%になるそうです。これにはびっくり。伊藤さんは「プロでも1年で1番上がる日はいつかわからない。株式投資は基本的にはずっともつもの」と長期投資を進めました。また、短期の株価はランダムウォークであるとして、トレンドをみて投資する方法には否定的でした。  もちろん、アクティブ投信だから、良い投資先を選んでということです。少なくともここ5年でみるとTOPIXは低迷しており、アクティブ投信のほうが勝ちやすい結果になっていました。今後、市場はどうなるかわかりませんが、僕は日本株に関してはインデックスだけでなく、アクティブも保有しています。げんせん投信は総資産額が3億円と小規模ですが、受益者としては、せっかく良い哲学を打ち出しているので応援しています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR