FC2ブログ

コロナで「貯蓄から投資」は頓挫って本当なのか



 日経新聞に「貯蓄から投資へ コロナで頓挫」という記事が載っていました。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61127700T00C20A7K10700/ 日銀の資金循環統計によると、今年1~3月期、投信から4000億円が流出し、昨年の「老後2000万円問題」で高まった「貯蓄から投資へ」のムードが頓挫したと書かれています。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 記事によると、昨年末は株高もあり、投信への資金流入はわずかですがプラスになりました。しかし、コロナショックで、こうしたムードは急激に委縮し、資産が流出したという内容です。でも、本当にそうなのかという気がしました。

 まず、昨年の老後2000万円問題で投資意欲が高まったなら、昨年の7~9月期も投信の流入があっていいはずです。しかし、昨年の7~9月期の投信の流失は5000億円近くで今年1~3月期よりも多いのです。昨年の7~9月期は市況が低迷していたとはいえ、コロナショックよりはましでした。でも、流出額は少ないのです。

 そもそも、昨年1月から四半期ベースで流出があったうち、この1~3月期は最も流出額が少ないのです。普通に考えたらコロナショックで慌てて投げ売りしたり、家計不安で投信を換金する人が多いはずだから、最も流出が多くなっても不思議でないのに。むしろ、投資のことがわかっている人が増えているから、流出額は膨大にならずにすんだのではないでしょうか。  例えば楽天証券によると、3月の新規口座開設数は16万4011口座と月間最多記録を更新。つみたてNISA(少額投資非課税制度)口座数も前年同期の2倍になりました。新たに投資を始める人は増えているので、現役層にはむしろ「貯蓄から投資」はそれなりに広まっているようにみえます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR