FC2ブログ

僕の生活防衛資金は10年分



 生活防衛資金を何年分もつのか、といのは良く論議されます。何をもって生活防衛資金かというのもあるのですが、僕の資産のうち、元本が保証されている無リスク資産は、なんと10年分の生活費にあたります。つまり、生活防衛資金が10年分ということですね。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 実は当初の予定では退職金を丸ごとリスク性資産に投入するつもりでした。けれども、年金が出るまで15年あることを考え、大部分はそのまま預金で持っています。また、現預金が少なくて、ファンドを定期的に取り崩していくのに、自分の気持ちが耐えられるのかという疑問もありました。

 その結果、大量に生活防衛資金を持っているわけです。メリットはやはり経済的なことは全然心配しないこと。コロナショックで株価が急落しても何とも思いませんでした。

 同時に定期的な積み立ても行っています。金額としては現役時代よりも多いくらい。ここも機会損失を考えれば、一括投資のほうが合理的かもしれませんが、FIREしてリスク許容度が低くなっているので、積立投資にしています。

 生活費は現在のところ、崩さず、生活防衛資金から流用しています。そうすると10年ぐらいで無リスク資産は尽きる計算になるのですが、その間、まったくの無収入ということはないでしょうし、何とか65歳までは持つと計算しました。 

 株式比率を高めたほうが、全体の資金が尽きる可能性が低くなることが分かっているので、再就職をしたらそれなりの額を一括投資しようかと思っています。ただ、コロナもあって、転職活動は満足にいっていないので、果たしてそういう日がくるのかどうか。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

年金支給を何歳からとみるかで無リスク資産の金額は変わってくるかなって思います。(たぶん65歳から支給されるだろうけど)

私は今年49歳なのであと16年ですが、生活防衛資金というか無リスク資産は5年分ぐらいです。今は妻も働いてくれていますので5年あればそれほど心配はないと思っています。

Re: No title

コメントありがとうございます。
生活防衛資金は本人のリスク許容度にもよるし、
年金を何歳からもらえるかにもよるので、人それぞれでしょう。
現役世代は少なめでいいと思いますけどね。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR