FC2ブログ

GPIFが史上最高の黒字 政府批判の野党やマスコミはどうせだんまり



 共同通信によると年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の4~6月期の運用実績は過去最高の12兆円の黒字となったそうです。3月下旬を底に各国とも株価が急上昇したから当然の結果ですね。そうなると累積の黒字は約70兆円になる計算です。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 GPIFは長期投資ですし、四半期ごとの決算に一喜一憂する必要はありません。また、年金は長期高齢化の日本にとっては非常に大きな問題であり、政争の材料にすべきではありません。しかし、新型コロナウイルスの影響で1~3月期に17兆円のマイナスになると、野党やそれに同調する一部マスコミは鬼の首をとったように大騒ぎをしました。

 実はこの風景は見覚えがあります。2016年夏、GPIFの15年度の収益がマイナスだったことから、野党は損失追及チームを設置。大々的にマスコミに取り上げられました。ところが、その後はGPIFの運用が好調になると、いつのまにか損失追及チームは消えてしまいました。黒字になったことは野党はだんまりですし、追及チームを紹介したマスコミも、その後について報道していません。

 立憲民主党や共産党は今年4月、GPIFの運用資産で株の構成比が高すぎ、「より安心・安全を確保する」として50%から20%まで削減する法案を国会に提出しました。 でも、債券が安全・安心というのは勘違いです。現状の超低金利ではインフレでその分目減りするからです。長期的に株は債券よりはるかに安定的にリターンがあることは資産運用の常識です。もし、GPIFの株式の割合が低ければ、累積の収益額はもっと低かったのに、それについては一切無視です。結局、安倍政権批判のためには、どんな手でも使おうというわけで、だから野党や一部マスコミは結局のところ信用されないのです。

 今回も、GPIFが黒字になったことは野党や、批判で大騒ぎした一部マスコミはきちんと伝えるかというと、おそらく無視するところが大半でしょう。ちなみに、独自の取材で今回の記事を書いた共同通信も累積収益額は書いていません。前四半期が17兆円の赤字は書いているから、差し引きで5兆円の赤字と勘違いする読者もいるでしょう。正直、こういうのを信じて年金不安に陥らないようにするには、自分でリテラシーを高めて自己防衛するしかないんですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR