FC2ブログ

史上最悪のGDP減で株式投資どうなる



 新型コロナウイルスの影響で、世界経済は大打撃。日経によると4~6月期GDPはアメリカが前期比年率換算で32.9%減、ユーロ圏は40%減になるなど、史上最悪の減少。IMFによるとコロナ危機による経済損失が、20~21年の2年間で1300兆円に達するそうです。こんな状態ですが株式市況は堅調です。いったいどういうことでしょう。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 実はGDPの成長と株価はあまり関係ないそうです。株式研究の第一人者、ジェレミー・シーゲルの「株式投資」によると、長期的な実質GDP成長率と株式市場の利回りは何と負の相関がみられるそうです。これは先進国、新興国共通にみられる現象で、 例えば新興国随一の成長率を誇ってきた中国の株価がさえなかったのをみればわかるでしょう。

 そもそも、成長が自動的に株価を押し上げるというのは誤りだそうです。経済成長は企業の利益と配当の総額を増加させるけど、1株当たりの利益と配当総額を増加させるわけではありません。しかし、それに気が付かず高成長率にとびついて株価が割高になってしまったら、その後の株価は低迷するわけです。

 そう考えるとGDPが激減しても、バリエーションや金融緩和政策によるカネ余り現象が続けば、株価にはそれほど大きな影響を与えないのかもしれません。今後、新型コロナが続き、実体経済に打撃を与えても、投資をしていれば救われるかも。まあ、そもそも未来のことはわからないので、投資への信心さえあれば、気持ち的に乗り切れるというのが僕の考えです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR