FC2ブログ

調整は間近? SBIセミナー

 SBIのセミナー「経済動向・金利から今後の為替展望を読み解く」に行ってきました。講師はスキラージャパンの伊藤亮太取締役。1時間半で日本、先進国、新興国を一通り説明するというなかなか忙しい内容でしたが、日本株は上昇基調であるものの、調整が近々起こりうるというふうに見受けられました。

 このセミナーもマスコミの取材が入り、NHKからアンケートが配られました。ただ、最近、投資を始めた、または再開した人に取材したいということで、僕は意見は書いたものの、氏名と連絡先は書きませんでした。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ



 さて、足元は明らかに日本株で短期は日本株を買わないと損するものの、1、2年でみるとアメリカ、長期ならASEANなど新興国というのが、セミナーの説明。まず、世界の経済成長の様子が説明され、2030年までの人口増加率がプラスになる米国、ASEANは狙い目であるものの、ほとんど横ばいの中国は、豊かになる前に高齢化が始まる中心国の罠に陥る、日本は人口が減少するので、アベノミクスが大成功しない限り、長期では苦しいとの見立てでした。

 短期でみると、注目イベントとして、5月のイタリア大統領選で欧州危機が再発する危険性があるとしたほか、5月はヘッジファンドの決算日であり、上り調子だった日本株が調整する可能性があるとのこと。ただし、日銀が先週ETFを270億円買ったなど、下値は見えているので、5~10%下がっても絶好の買い場である。そして参院選で自民が大勝すれば、海外からの買いも再び入り、日経平均は15000円を目指すだろうと予測しました。さらに、9月に東京五輪が決まれば、不動産の大幅な上昇も見込めるそうです。しかし、来年4月の消費税値上げ後は景気悪化が予想されるため、株価が好調なのはそれまでで、その後は消費税に関係ない銘柄とかが伸びると指摘しました。

 為替については、これまで日米2年債の利回りに連動しており、今年に入ってからかなり乖離しているのだが、マーケットは10年債との比較に移り、そちらでは乖離はないため、水準は妥当だとしました。そして、米国の失業率が6.5%を切れば、米国の金融緩和が終了するため、さらなる円安が起こるとしました。

 海外では米国が引き続き世界経済の中心であるとして、中国は米国にとってかわれないとしました。なるほどと思ったのは、同じ中国でも香港市場は好調なのに上海は不調であること。これは、外国人投資家の規制の差であり、それが解決しない限り、上海には期待できないとしました。そして、人口減が始まるため、欧米を凌駕する技術革新がなければ、中国が世界一になるのは難しいそう。

 他のBRICSもさえない状態が続いており、インドは成長率が右下がりで貿易赤字と財政赤字の双子の赤字に苦しんでいる。ブラジルはBRICSの中ではまともで、五輪、W杯に向けた公共投資が順調なものの、為替安政策をとっているため、レアルが対円安にならず、為替の旨みが少ないこと。ロシアは資源価格次第ということでした。資源価格が上がると、ロシアが好調になるのは知っていましたが、新興国でもインド、ベトナム、インドネシアが下がるというのは意外でした。特にベトナムやインドネシアは産油国なのに、石油精製の能力がないために、それがいかせないそうです。

 一押しのASEANは人口が増えていくことがなによりも大きい。しかもASEANの中でも、外需型のタイ、マレーシア、内需型のインドネシア、フィリピンとタイプが異なるのも興味深い。このため、長期でみると、高度成長が期待できるとのこと。フィリピン市場などは最近、史上最高値をつけて過熱気味ですが、長い目でみるとまだ上がる可能性があるとしています。確実に成長する国にコツコツ投資を続けていけば、大きな利益になるとしました。もし、東南アジアに直接投資するのが怖くても、ユニチャーム、ニトリなど東南アジアで収益を上げている日本企業に投資を行えばいいそうです。

 伊藤さんは日本株が目先上がったとしても、澤上ファンドの澤上篤人さんがいうような、3万、4万円に上がるといった可能性はほとんどないようなニュアンスでした。ここらへんはアベノミクス次第でしょうか。成長戦略の第一弾が先週発表になりましたが、異次元緩和のように日本の成長を一気に加速させるようなものが今後でてくるか、目が離せません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR