FC2ブログ

長く持つのが良い結果に ひふみ投信



 ひふみ投信のウェブセミナーが開かれました。今回、期間をいくつかにわけてひふみとTOPIX配当込みの騰落率を比較したデータがでたのですが、これがなかなか興味深かった。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 まず、直近1か月のリターンはひふみがマイナス1.54%、TOPIXがマイナス4.02%と、下げ相場ながらひふみがオーバーパフォームしています。年初来はひふみ0.17%、TOPIXマイナス11.86%と大差がつきます。もう少しスパンをみて2019年初来だとひふみが22.6%でTOPIXは4.11%。2017年初来だとひふみが39.6%、TOPIX6.92%となっています。

 一昨年後半に一時期不調だったのが、とっくにそれを取り戻して大きくプラスになっているということ。藤野英人社長は「ひふみの強さは下がるときにそこそこ下がるが、下げ相場から上げ相場になるとき大きく勝つ」と自負しました。そして、「ひふみの魅力は長く持っていただいて勝ち幅を積みあげる。相場の状況で買いだ売りだでは成功しないこともあるので長くもっていただく」と呼びかけています。

 実際、3年なり5年なりもっていると、自負に見合う成果がでているのですよね。以前もかきましたが、直近ではリターンがよいのに、解約が増えているという不思議な結果がでています。今回のセミナーでは特にそのことに触れていなかったのですが、コロナで家計が苦しくなって売却したのかもしれません。ただ、3月の藤野さんのインタビューで基準価額が元に戻ったことで心理的に購入者が売りやすくなる「やれやれ売り」を一因として挙げていましたが、そうだとするとちょっともったいない気がします。

 もちろん、過去好調だったファンドが不調に陥ることはありえますけど、セミナーも頻繁に開いて受益者の説明もしっかりしているから、運用陣を信頼しています。引き続きひふみへの積み立てを続けていく予定です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR