FC2ブログ

失われた日本でも僕の個別株投資はそれほど悪くなかった

 今はインデックス投資がメインの僕が投資を始めたのは1998年で、そのころはインデックス投資など聞いたことがなく、個別株投資が中心でした。バブル崩壊後の日本は失われた20年とかいってずっと株価が低迷していたような印象があります。日経平均でみるとその通りなんですけど、中小、新興を中心に大きく値上がりした株も多いです。僕自身大勝ちしたり損したりいろいろですが、個別株投資の結果はトータルではプラスリターンとなっており、そんな嫌な思い出はありません。



 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 ただ、その頃は記録をとっていなかったので、正確にいくらリターンがあったというのは謎。だから、勝ったり負けたり思い出に残る株を紹介します。まず大勝した株はソフトバンク(現ソフトバンクグループ)です。2002年に購入し3年ほど保有して株価は7倍に上がりました。いったん売却したあと2007年に再購入して現在まで保持しています。再購入後の含み益も4倍だから、ソフトバンクにはいい思い出しかありません。孫正義さんのインタビューを読んで、感動して購入したのが理由です。

 丸紅も当たりでした。やはり2002年に購入しましたが、当時、丸紅の株価は100円を切っていました。それを2006年に売却したときには8倍になりました。丸紅は当時勤務していた会社のそばで、夜遅くまで社員が働いていて、終電後もタクシーがずらりと並んでいたのですね。こんな忙しい会社の株価が100円を切っているのは安すぎると思って購入したのがずばりあたりました。しかし、丸紅はその後2007年に再購入したのですがそれが天井付近。2018年まで10年もっていても20%ぐらいマイナスでインデックスメインにするために処分しています。

 このほか、大儲けはしなかったけどプラスリターンだったのがトヨタ自動車、ソニー、NTTドコモ、KDDI、JR東日本といったあたり。JALも破綻前にプラスで売り抜けられましたし、札幌に単身赴任をして優待の航空券割引目当てだったので満足です。本当は中小型株がこの時期のうまみだったのですけど、それを研究するまで株にはまらず、大企業をぼちぼち買っていただけです。でも、大企業の株でもそれなりに儲かり、特に通信株はITバブル崩壊後に仕込んで、リーマン前に売却しておりラッキーでした。

 一方、マイナスが一番大きかったのが任天堂です。2007年にミニ株で100万円分を買ったのですが、リーマンショックで大暴落。2012年に20万円ほどで売却しています。ヤフーもマイナスで処分したのですが、1単位買っても10万円程度だったので、実額はそれほどではありませんでした。フジテレビは株式投資を始めた1998年に購入したらネットの進展で株価は下がりっぱなし。ただ、ホリエモン騒動のときに一瞬持ち直したとき売却したので、10万円ぐらいの損失でした。

 儲かると思って買ったのにあてが外れたのが中外製薬とスクウェア・エニックスです。中外製薬はタミフルを国内で発売というニュースで購入しましたけど、とっくに織り込まれていたため、若干のマイナスで手放しています。スクエニはファイナルファンタジーが大人気となると思って、旧スクウェアを2001年に購入したのですが、ファイナルファンタジーの実写版が大赤字をだし、エニックスと合併して単元株をもっていたのが端株になってしまうおまけつき。結局、こちらも2012年に若干のマイナスで手放しています。

 2012年からは投資信託が中心となり、インデックス投信を中心とした株と債券による国際分散投資にシフトしています。保有株も徐々に処分して現在は、ソフトバンクグループ、三菱UFJフィナンシャルグループ、アサヒグループホールディングスの3社のみ。三菱UFJはマイナスですが高配当ですから保持するし、アサヒは株主優待の特製ビールが好きなので保持しつづけてます。

 リタイアして時間ができたら銘柄研究して個別株投資をしようかという思いも頭をよぎりましたが、それよりは娘と遊んだり、映画を見たりしているほうが楽しいので、個別株投資の世界からは離れています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR