FC2ブログ

バンガード日本撤退に思う疑問



 バンガードが日本での営業活動を停止すると発表しました。 インデックスファンドの低コスト競争のうえ、投資家の少ない日本では収益は上がりにくいでしょうから、低コストを標ぼうしているので企業戦略としては当然なのかもしれません。でも、VTとセゾン・グローバル・バンガードの受益者で、セミナーや日本語のレポートを楽しみにしていたし、ブロガーミーティングにも参加したことがあるだけに寂しさは否めません。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 セゾン投信やSBI証券などでは、商品は引き続き日本でも買えるということで一安心です。ただ、バンガードの良質な日本語レポートもやがてみれなくなってしまうので、今のうちにチェックしておいたほうがいいでしょう。

 不思議に思ったのが日本から撤退して、上海に注力するというのですよね。でも、トランプ大統領は中国叩きをエスカレートしています。貿易摩擦やハイテク企業の制限だけでなく、公務員の退職年金基金が中国に投資するのを禁止もしました。中国も昨日、アメリカを挑発するかのように南シナ海でミサイルを発射しました。さらに、香港での人権侵害で金融セクターが香港から逃げ出そうとしています。

 こんななか、中国に資源を集中するってすごいリスクだと思います。バンガードもそのあたりは検討しているのでしょうから、大統領選はトランプ氏から中国よりと批判されているバイデン氏が勝つと分析したのですかね。それとも米中対決は一過性のもので、今のうちに中国に進出したほうがよいと考えたのでしょうか。はたまたアフターコロナの時代は中国が勝つとみているのか。

 いずれにしろ、この時期に発表するのはなぜなのか、いろいろと深読みしています。ともあれ、バンガードには引き続き世界の個人投資家のために頑張ってもらいたいし、いつの日か日本に再上陸してもらえればうれしいです。  

コメントの投稿

非公開コメント

No title

その疑問ですが、ネットで見た日経電子版か?の引用で、中国政府は4月に外資進出の規制(中国内に事業所を作るには必ず、中国企業との合弁会社でなくてはならぬ)を変えて、外資100%を認める事になった。。。とありました。
既にモルガンだったか?も決めていて、多くの欧米の金融機関が乗り出すようです。
記憶で書いているので、誤りがあったらすみません。

貿易協議の結果なのでしょうかね?データの扱いの問題はどうなったのでしょうか?
金融機関には大市場ですが。肉食系!

Re: No title

コメントありがとうございます。
米中関係は激動化していますし、大統領選の行方を
みないとどうなるのかまったくわからないです。
もともとオバマ前大統領をはじめ民主党は中国と協調すれば
中国も自由貿易を尊重するという立場でした。ただ、これだけ
米中の仲がこじれると、民主党政権になっても再び中国と
協調するのかも疑問なところもあります。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR