FC2ブログ

こういう時だからこそコモンズ社会起業家フォーラム



 コモンズ投信の社会起業家フォーラムが開かれました。コモンズ投信は信託報酬の一部を寄付する「コモンズSEEDCap」を実施しており、フォーラムでは社会課題解決のために行動している起業家が熱い思いをアピールします。今年は新型コロナウイルス禍のためオンラインで開かれました。海外で活動している社会起業家が現地から報告するなど、オンラインイベントならではの良さがありました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 僕がコモンズ投信の受益者である理由の一つに、単に金もうけだけでなく、社会をよくするための活動をしていることがあげられます。最近ではESGがいわれ、そうした企業に投資するファンドもでていますが、より最前線で活動して、資金も少ない社会起業家を応援する姿勢はすばらしいと思っています。

 社会起業家フォーラムは過去何回か参加したことがありますが、やはり、オンラインだと気軽に参加できていいですね。今回は10人の社会企業家がスピーチをしました。印象的だったのがバングラディシュの教育支援をしているNPO法人e-Educationの三輪さんの話。団体の支援で大学に行けるようになったバングラデシュの学生が、日本の子供にオンラインで英語を教えるようになったという状況を説明。日本から新興国への支援が、今度は日本にかえってくるという大きな循環になっていることが報告されました。

 また、ミャンマーでマイクロファイナンスをしているMJI Enterpriseの加藤さんは子どものころ父親が事業に失敗し、お金のことが嫌いでした。しかし、マイクロファイナンスでお金がだれかを傷つけることのではなく、だれかを助ける優しさがあると気づいたと報告。おカネの意味をきちんと理解できるというのも素晴らしい。

 このほか、「悩みや不安が不満にならないよう気を付けている」。「緊急事態だとマイノリティーの声届きにくくなる」「コロナ禍で人生の中にあるプライオリティーが変わった」などと参考になるスピーチもありました。

 最後にコモンズ投信の馬越さんが「1年に1回、世の中でこんなに苦しんでいる人がいるんだとしり、自分がなにかしたいけど勇気がないなという人が勇気を探しにくる場になっている。長期投資の会社なので引き続き見守り、一緒に歩んでいく」とまとめました。こういう話を聞くと、コモンズ投信の受益者でよかったと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR