FC2ブログ

ノーベル賞学者によると投資するなら日本がアメリカに圧勝



 今投資するなら日本がアメリカに圧勝、なんていったら海外投資をしている人から白眼視されそうですが、なんとノーベル賞学者のロバート・シラー教授の想定に従うとそうなるのです。いやはや投資は奥深い。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 シラー教授といえば、2013年にノーベル経済学賞を受賞したイェール大の教授。行動経済学や「根拠なき熱狂」などバブル崩壊の研究でしられ、ITバブル崩壊やリーマンショックも事前に警鐘をならしました。さらに、S&Pケース・シラー住宅価格指数やCAPEレシオ(シラーPER)の策定などでも知られています。

 シラー教授の想定によると、アフターコロナの時代の米国株の10年リターンは3%程度にしかなりません。ところがヨーロッパは5%、日本はなんと6%を超えるというのです。しかも、5年だと14%というのですから、日本株の圧勝です。

 要はCAPEの視点からみると日本株が割安だということなのです。いま、少子高齢化が進んでいることや、政治がしっかりせず、低成長が続いていることから、日本株を冷ややかに見ている投資家は多いでしょう。でも、実は人口動態や経済成長率と株価というのはそんな単純なものではありません。高経済成長や人口が増えていても割高すぎれば株価は低調になってしまう、そんな原則を思い出しました。

 ただ、割安だとしてもそれが長期間続くことはあります。だからシラー教授の想定通りにこの数年は日本株が圧勝するかどうかはわかりません。でも、日本株を投資の対象外にしてしまうのも、もったいない気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR