FC2ブログ

麻生氏は正しい?間違い?新型コロナで貯金増えるけど3分の1は厳しい



 コロナ禍の現在、貯金額の平均は389万円と昨年度の317万円を上回ったことが、リーディングテックのネット調査で分かりました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 調査は今月、全国2432人を対象にしたネット調査で、回答率は46%でした。ネット調査で回答率が半分以下ということで、正確な数字とはいえないでしょうが、傾向をつかむことはできそうです。

 それによると、平均額が増えただけでなく、中央値も100万円から200万円に増えました。ただ、これは回答を100万円ごとに区切っているため、中央値が倍増したとはいえません。

 金額別でみると貯金100万円未満の割合は43.5%から33.8%に減ったとはいえ、依然として3分の1は厳しい生活を送っています。一方で、1000万円以上の富裕層は7.3%から11.5%と増えています。

 年代別でみると、20代は唯一、平均貯蓄額が増えておらず、170万円で横ばいでした。若者は貯金する余裕すらないことが浮き彫りになりました。一方、調査人数が少ないので参考値にすぎませんが70代は198万円から413万円と倍増しています。年金受給世代はコロナに関係なく年金をもらえますから、貯金を取り崩す必要もなかったのでしょう。

 新型コロナウイルス対策として一人10万円の定額給付金や、外出自粛、将来への不安などで、どの階層にも貯金が増える要因があったとはいえます。しかし、この結果を見るとスピードを優先して一律10万円を給付したことよりも、当初案のように生活の厳しい層に30万円を給付したほうが、社会のためにはよかった気がします。

 共同通信によると麻生副総理は「お金に困っている方の数は少ない。ゼロではないですよ。困っておられる方もいらっしゃる。だが、現実問題として、預金、貯金は増えた」と発言。ネットでは批判も上がっています。預貯金は増えたのは本当で、困っている方が少ないというのは間違いといえます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

国民全体の貯蓄が増えた=10万円が全て貯蓄に回ったというのは暴論だと思います。

例えば公務員や年金生活者等は給与は減らず、コロナ自粛のためレジャーの費用が浮いたため結果貯蓄が増えたという予想が出来ます。
その一方で会社の経営が厳しく、職を失う方や給与減で自宅待機された方等は貯蓄には回す余裕などなかったでしょう。
(そもそもこんな状況の方が積極的にネットでアンケートに答えてると思うのでしょうか?)

更に今の時期ですと、使わなかった世帯がもしかしたらGOTOで沢山使っているかもしれませんし、GOTOを利用せずコロナが完全に落ち着いたら動き出す方もいるかもしれません。

10万円を配った理由が困窮対策&経済対策とするならば、前者は既に使い切りむしろ足りず、後者はコロナが落ち着くまで結果はわかりません。
要するに結論を出すのが早すぎるということです。

Re: No title

コメントありがとうございます。
ネット調査は穴だらけですが、傾向をつかむことはできるでしょうし
何より想像や思い付きでなく、不十分ながらエビデンスがある意義はあります。
また、定額給付金とは別に将来不安で貯蓄が増えた人もいるでしょう。
麻生さんの発言はやはり正しい部分と間違っている部分があると思います。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR