FC2ブログ

eMAXISシリーズ1兆円突破。主力はやはり



 三菱UFJ国際投信のeMAXISシリーズの合計純資産残高1兆円を突破しました。日本証券新聞によると、残高の7割がSlimシリーズだそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 2009年にスタートした時は、8ファンドでした。竹川美奈子さんの著書で、eMAXISと三井住友トラストアセットのSMTシリーズの登場を、これからは低コストインデックスの時代とほめていた記憶があります。

 同じ指数を対象とするインデックスファンドはコストが重視されますから、特に低コストで、他社が値下げすれば追随して業界最安水準を目指すSlimシリーズの意義は、eMAXISの優位性を示しました。ニッセイやたわらなど他社も頑張っているとはいえ、やはりeMAXISがインデックスファンドのトップブランド的存在となった感じがあります。

 特に、つみたてNISAで若い層や投資初心者が増えたのは追い風になりました。eMAXISシリーズの特徴としてブロガーとの交流が上げられ、商品開発で役に立てるとともに、ネットやSNSでの宣伝にもつながります。多くの投信ブロガーがeMAXISを評価しているのは、ここ最近のブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤーで上位を独占していることでもあきらか。そして、ネット証券の販売上位にも並んでおり、このへんが好循環になっているのだと思います。

 eMAXISシリーズはロボアドバイザーを用いた「eMAXIS 最適化シリーズ」、宇宙開発やロボットなど革新的なテーマに投資する「eMAXIS Neo」シリーズなど60ファンドまで拡大しています。ただ、僕もそうですが、多くの人にとってSlimの全世界株式、先進国株式といったオーソドックスなものを活用するだけでも、資産形成には十分役立つでしょう。

 とはいえ、シリーズあわせて1兆円ですから、大手証券が本格的に売り出すアクティブファンドに比べたら、まだまだインデックスファンドは少数派。まだまだ市場拡大の余地もあるでしょうから、他社の健闘も期待したいところです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR