FC2ブログ

日経平均4万円は手の届くところにきている



 マネックス証券のお客様感謝Dayを見ました。マネックスの広木隆・チーフストラテジストは日本株に強気で、見ていてほっとします。実際、日経平均3万円への道はマネックスが主要証券では一番早く打ち出していたわけですし。今回も広木さんは「3万円は通過点。3万円の次は4万円で手の届くところまできている」と来年にも4万円行く初夢をくれました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 広木さんによると実体経済が大変だといっても、日経新聞調査では大幅な減収は2割にとどまり、3分の1は減収にならない。直近の日銀のさくらレポートで3地域が上方修正と、飲食などは大変だが、製造業は良く、景気は持ち直しています。アメリカも小売り売上高はV字回復で、コロナ前を上回っています。

 また、コロナは収束しないにせよ、ピークアウトの期待はある一方、未曽有の金融緩和と財政出動で空前絶後の金余り状態になっています。庶民の暮らしと株式市場は別物で今年も株価に期待ができるそう。また、ドル建て日経平均もTOPIX配当込みも史上最高値となっており、機関投資家も外国人も損をしていません。日本株は新しい領域に入ったとみているそう。

 リスクとしては、コロナの拡大、インフレ加速と金利上昇などが挙げられますが、日本の場合、菅政権退陣など政治リスクもあるそう。内閣がころころ変わるようなら強い政治力が期待できず、構造改革も進まないわけですから、退陣はネガティブだそうです。僕自身、最近の菅政権にはまったく期待していないので、政権退陣しても次の政権が長期政権になればいいのにと思うのだけど、こればかりはわからないものですね。

 そして、マネックスのイベント特有の、松本大会長、広木さんら5人の専門家による相場展望座談会も楽しめました。5人の見立ては、日経平均の高値3万~3万5000円、安値は25000円~27000円のレンジに入っており、現在の株価からみると最安値でも10%程度の調整ですむのだから、十分ポジティブです。

 また、5人のおすすめのポートフォリオも紹介されました。コインチェックを傘下に持つマネックスらしいと思ったのは、全員が仮想通貨を一部持つことを推奨していること。不動産・REITを推奨している人も3人に上りました。松本さんは「お金の価値が下がっている。株や不動産、仮想通貨の値が上がっている。現金債券より、値段の動きやすい資産をもったほうがいい」と総括していましたけど、みんながリスクオンだと、かえってテールリスクが起きるような気もしてしまいました。

 ちなみに、ビットコインの予想は、最大10万ドル。今の3倍になるとの見方です。株だけでなくビットコインにも強気なのかと関心してしまいました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR