FC2ブログ

やっぱりどこもセミナーではどこも強気



三井住友DSアセットマネジメントのセミナー「新春特別企画!2021年のマーケット動向」をオンラインで受講しました。講師は同社の谷本達宏資産形成部長。資料がたくさんあるまじめな内容だったのですが、やはりどこも今年の相場観は強気という印象です。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 日本株は2009年3月の底値から4倍になっていますが、今はあまりバブルと考えられない状況だそうです。実体経済がよくないのに株高なのは金融緩和と、コロナ収束期待を織り込んでというのは、どこも同じような見方。

 バイデン政権が発足しましたが、コロナ禍では増税も難しく、金利の上昇も考えにくい。むしろ環境対策やIT企業などへの支援がありそうということで、これもあまりネガティブな要素といえそうもありません。金融緩和縮小については、FRBはバーナンキ時代に市場との対話に失敗して、相場を乱高下させたことがあったため、今回はそれを教訓にしていくとの見方で、これまた、市場が荒れる要素にはならなそうです。

 こうした適温相場のなか、企業業績回復に伴い株価は上昇していき、日経平均の予想は24500円~32300円で、年末ほど高いというもの。ドル円については95~115円のレンジを想定していました。

 質疑応答で、僕は東京五輪が中止・延期になった場合、相場に影響あるのか聞いてみました。谷本さんによると、五輪は建設工事でインパクトがあったけど、開催そのものの影響はマインド的なものをのぞけば軽微だそう。そういわれると、余計に今年の波乱要因は少ないのかな、と思ってしまいました。  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR