為替水準は外したけど面白かった東証セミナー

 東証アカデミーの信州大真壁教授による月1セミナー「金融市場動向を読み解く」。「今すぐ1ドル100円を超えるのは難しい」と話したその数時間後に100円を突破しちゃったわけですが、真壁さんの話は面白いので、それを割り引いてもこのセミナーは大好きです。FXやってて、他人の意見そのままに信じる人にはダメだけど、経済予測は外れると思って、投資に関するスタンスだけ参考にするなら、なかなかのものです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ





 冒頭、日経ヴェリタスのアンケートを紹介し、無作為に1000人にアンケートしたところ、株をやっている人は20%だったそう。この20%はアベノミクスの恩恵を受けているけど、残りの80%はおいてけぼりなわけですね。意外だったのが儲かっていると答えたのは8割にとどまったそう。残りの2割はどんな人か、私が想像するにFXとかオプションでやられちゃったのかな。

 さて、昨年11月から日経平均で60%上がっており、これは05年の小泉内閣の記録を超えています。このため、過去20年日本になかった相場で、これまでの経験は通用しないとされました。証券会社も営業担当者の大半がバブル崩壊後入社なので、株のことを何も分かっていないとか。まったく未知の領域に入ったのかもしれません。

 日本だけでなく、米国、ドイツでは市場最高値を更新しているわけですが、今週だけで韓国、豪州、ポーランドが利下げするなど世界中でカネ余り現象が起きていいることと、景気回復への期待が株高の2本柱。円がこのまま100円程度で安定していると、まだまだ強気でいけそうとのこと。「悲観論の帝王」と呼ばれるニューヨーク大のルービニ教授ですら「今や世界的に株式バブルの入口」と分析しているそうで、あと2年ぐらいは持つのではないかとのことでした。

 真壁さんも言ってましたけど、バブルの最中はバブルとは気づかないんですよね。底値で買って高値で売るって簡単にできそうだけど、まずできない。ただ、株式は長期では成長への投資だけど、短期では美人コンテストなので、流れを見極めて、どちらの方向にいくかわかればいいでしょうね。アベノミクスもここまでは順調ですが、真壁さんによると第3の矢の成長戦略にあまり思い切ったものはなさそうということで、来年4月の消費税値上げもあるし、このまま株高が続くかどうかはだれにもわかりません。

 この日の日経には各証券会社のアナリスト、ストラテジストによる株価予想が乗っており、9月ピーク説と12月ピーク説に分かれていたのですが、真壁さんは9月説で、それまでは下がったら買い増ししたいものの、どの分野が強いかはわからないので、インデックスを勧めていました。

 私は5月は調整に入るかと思って4月末に日経225インデックス・ブル型のETFを売っちゃったのですけど、「セル・イン・メイ」さんどっかいっちゃいましたね。大儲けしそこなったとはいえ、儲けていることは設けているので、文句を言ったら罰があたっちゃいます。

コメントの投稿

非公開コメント

参考になります

ゴールデンウィーク前は下がりそうな気配でしたから、5月は「セルインメイ」の格言的中かと思いますよね。でも、米雇用統計が予想外に強い結果だったから流れが一気に円安ドル高になりましたね! 今後、数年日本経済はもちろん、米、欧州、中国に大きな問題が出てこなければ日経平均2万、3万の大相場になりそうなそんな気配すら感じます。
真壁先生のセミナー面白そうですね。役に立つお話しがたくさん聞けそうですね!

Re: 参考になります

コメントありがとうございます。
 米国が景気回復して日本の株高もこのまま随分進めばいいですね。1万4000円は予想PERからして、フェアバリューだと思うので1万6000円ぐらいまでは十分許容できますが、それ以上になったら本当の大相場が始まると思います。ただ、何があるのかわからないのが投資の世界なので、悪くなったらいつでも逃げ出せるような態勢はとるようにしています。

 真壁さんの講座は毎回楽しみにしています。ひでぽんさんも機会があればのぞいてみたらどうでしょうか。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR