日本の投信は世界でも最低レベル

 米国モーニングスターが世界24カ国の投資信託の状況を比較しランキング。日本はA~Dの中のCランク。それより下はC-の香港、ニュージーランド、Dの南アフリカしかないという、21位でした。韓国がB+、中国ですらB-ですから、あきれるほど低い水準です。PDFの英文資料はこちら

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ




 モーニングスターの朝倉社長や、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんなどが問題点を追及していますが、中でも、コストはD+と下にカナダしかない状態。朝倉さんの著書「低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー」に紹介されていますが、日本の投信の平均販売手数料は2002年は2.25%だったのが、2011年は2.73%と膨れ上がっています。信託報酬の平均も2002年の1.37%が2011年に1.48%と増えています。米国などが低下傾向にあるのに、日本は逆傾向で右肩上がりです。さらに情報公開が不十分なことも低評価につながりました。トータルコストの記載がないのも日本だけ。

 日本の投資信託がお粗末な状況にあるとはいえ、個人投資家にとって手軽に安い金額から分散投資できる投資信託は、安定した資産運用という面からも欠かせないものだと思っています。また、個別株、不動産投資などはじっくり勉強しないとなりませんが、投信はインデックスにするなど基本的にはほったらかしでもいい。そうすると、少しでもましな条件で投信を購入するしかありません。

 まず、大きいのが手数料が無料のものを多く取り揃えていて、コスト全般が安いネット証券と取引すること。同じファンドを取り扱っていても、ネット証券は手数料無料なのに、対面型証券は有料ということがざらにあります。

 また、コストが高い投信は、基本的には販売会社にとって有利で、個人投資家には不利であると思うこと。メガバンク、ゆうちょ、対面型証券でセールスするような商品はコストが高く、売り手に得で、買い手に損な商品が大半と思ってチェックしたほうが良いでしょう。コストを高くするために、3階建て、4階建ての複雑な商品が多く出ていますが、コストが高いと長期保有には向かないといえます。また、毎月分配金を多く出すファンドも効率面からいって長期保有には不向きといえます。こうしたファンドは自分の手持ちの中心(コア)にしない。

 コアの投資先としてはETFを含めたインデックスを選ぶほうがベターといえます。常にインデックスに勝ち続けるアクティブファンドは極めて少数であり、事前にそれを見分けるとなるとさらに困難になります。ここ数年の日本株ファンドではひふみ、コモンズなどTOPIXを大きくオーバーパフォームしているファンドがありますが、実は両ファンドとも日本株の売れ筋ファンドになっていません。実績よりも販売セールスで購入している人が多い証拠です。しかも、こうした現在勝ち続けているファンドも常に勝ち続けるとの保証はどこにもありません。そうした意味では、本業を別に持つ人が手軽に投資するにはインデックスがメインということになるでしょう。

 インデックスはコストが低いものが大半です。特に国内のインデックスシリーズは、他のファンドと違って、信託報酬の引き下げ競争になっています。また、リバランスの手間を考えると低コストのバランスファンドだけ購入するというのも一つの手段です。インデックス投資家はだいたいこんなことを思っているはず。日本の投信を取り巻く環境が国際的にひどい状態にあるのですから、せめてこうした自衛をしていこうと思っています。

低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー
(2013/04/01)
朝倉 智也

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

もっとインデックス投資を

そうですね。コストの安いインデックス投資を一般の日本国民にも普及させて、皆が資産形成のために購入するべきかと思います。特にドルコスト平均法での毎月積立はリスク分散には有力ですよね。
まだまだ、日本人は株や投資信託は金持ちがやるもの失敗したら大損失を受ける、ギャンブルと同じだといった考えを持っている方が大半かと思います!
インデックス投資や外貨mmf(米ドル、豪ドルが安心かな)はリスクよりもリターンを得やすく、インフレ対策には有効な商品ですよね。
銀行もアクティブファンドよりまずはコストの安いインデックス投資をススメルべきかと思います(まぁ、銀行側としては手数料の高いアクティブファンドを勧めたいでしょうが)

Re: もっとインデックス投資を

高いコストの手数料と信託報酬のファンドを買ってしまう消費者が悪いのか、そこにつけこむ金融機関が悪いのか。消費者が賢くなって、高コストのものを選ばなくなればいいのでしょうけど、ネットが苦手な高齢者などは難しいのかもしれません。そうなると子供世代が老親にアドバイスするというのも一つの答え。振り込め詐欺予防にもなりますしね。普段から家族でそういう話ができる環境になればいいなあと自分自身でも思います
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR