FC2ブログ

投資家に責任はなし

 ちょっとあきれたニュースです。仕組み債含み損が円安で損失、賠償請求訴訟を撤回-朝来市(ブルームバーグ)。2006年~9年に仕組み債を購入して評価損を出した兵庫県朝来市が、説明が不十分だったと銀行を訴えていたのですが、円安で評価損がなくなったとして、訴えを撤回したニュースです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ





 私は金融機関が高齢者などにろくろく説明しないで、高額なリスク商品を売りつける行為については糾弾します。しかし、地方自治体や学校法人が仕組み債でひっかかるのは、投資家の方にも相応の責任があると考えます。なぜなら、地方自治体や学校法人には財務(財政)の専門家がいますし、顧問弁護士もいます。リーガルチェックも簡単に行えるのです。だれにも相談できないで投資してしまう高齢者とはわけが違う。

 しかし、最近、金融機関が説明不足だとしてこうした団体が訴訟を起こす動きが増えてきました。それならそれで、徹底的に裁判で争って、金融機関がいかにおかしいかを証明するのが行政の義務なわけです。なぜなら、行政機関が勝訴した判例が確定すれば、個人の訴訟にも影響をおよぼすでしょうし、個人よりも行政のほうが、裁判に費用をかけられ、良い弁護団を雇える可能性が高いわけです。

 ところが、円安で利益がでたとして、あっさりと訴訟を撤回。儲からないと訴えて、もう買ったらいいやというこのような考えって、バブル崩壊のころに大きな問題となった損失補填と同様の考えでないでしょうか。投資家に一切責任はなく、悪いのは金融機関という考えを行政が推し進めてます。

 まあ、これで朝来市は似たような金融商品にひっかからないだけの知恵をつけることが、税金を収める市民のためになるわけでしょうけど、そもそも、こんなのにひっかかった行政の担当者の責任というのは一切とられないでしょうし、この国は相変わらず「お上」に優位なこと。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あきれてものが言えませんね(´・ω・`)

Re: No title

行政は高いモラルをもたないとだめですから、自分だけ得すればいいという考えは納得できません
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR