日経新聞の記事を参考に

 日経のサイト「マネー底流潮流」に「株・為替大波乱で考える資産形成『第3の選択』」という田村正之編集委員のコラムが掲載されていました。コツコツ投資家による長期投資について、大変良くまとまった記事です。当ブログは普段は日経をはじめ、メディアに批判的なエントリーが多いのですが、こういう良記事はネットだけでなく、本紙の方でも大きく取り上げていただきたい。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ




 記事では「元本確保一本やり」でも「当てに行く投資」でもないとして、コツコツ長期投資を推奨。バブル崩壊後の1990年から世界全体の株式と債券に分散して月2万円の積み立て投資を続けた場合累計投資額564万円に対し資産は1045万円にもなると試算しています。

 購買力平価から長期的には円高傾向が緩やかに続くという、大和総研のリポートも紹介され、円高のスピードが緩まることから、世界分散投資の足を引っ張ることはないとしています。このへんはドルコスト法の強みがでて、一括投資を現在して、そのまま円高になったら外貨建てでは損をするわけど、ドルコスト法だと安値で拾えるわけですから、長期で下がっても、途中で上がる局面があればプラスになるメリットがあるわけです。もっとも、長期的な円高傾向については、私は疑問を持っていますが。

 田村さんの著書「しぶとい分散投資術」は、リーマンショック後に出された本で、金融危機でも、分散投資をしていればダメージが少なかったことを実例で丹念に取り上げている名著です。日経のコラムはそのエッセンスを載せるので、毎回(4人の筆者が交代で執筆しているので田村さんは月1回程度)楽しみにしています。

 私自身、田村さんと面識はないのですが、15日に横浜で開催される横浜サカエ塾のセミナーに伺う予定です。どんな話が聞けるのか、結構、楽しみにしています。

しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!
(2009/02/27)
田村 正之

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

No title

田村氏の国際分散投資に関する記事は良質な内容だと思いました。
著書も読んでます。是非一度お会いしたいなぁと思っています。
セミナーは残り5席、小生悩んでおります。

Re: No title

どんなお話をするのか楽しみです。アフロさんも時間があればいかがですか?
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR