FC2ブログ

【投資本16】デヴィッド・バック著 自動的に大金持ちになる方法

 タイトルは随分うさんくさいですが、中身はしごくまっとうなことで、ようは天引きで毎月コツコツ投資すれば、お金持ちになりますよ、という本。ただし、2004年とちょっと古くて米国のハウトゥー本なので日本にちょっと合わないところがマイナス。でも、ラテ・マネーの概念をはじめ、投資初心者や投資をしようか迷っている人は非常に参考になると思います。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ




 いまやどの資産本でもかかれているのが、お金を手元にとってから資産運用するのでなく、手元に入る前に天引きしなさいというもの。日本でサラリーマンなどは財形貯蓄がある人も多いでしょうし(残念ながら私の勤務先は住宅財形しかないので、私はできない…)、天引きという概念は受け入れられやすいでしょう。この本ではそれさえすれば、生活を無理に我慢することも、サラリーマンのままでもお金がたまるとしています。

 考え方として素晴らしいのは、お金を税金で政府に払ったり、物を買って他人に払ったりするのと同様に、天引きは自分にお金を払うことで、それは何よりも重要だということ。それはそうですよね。自分や家族がだれよりも大切で、スーパーの店員さんや公務員のために給料を稼いでいるわけじゃないのですから。

 また、無理な節約はしなくていいけれど、タバコやコーヒーといったちょっとしたラテマネーを節約することで長い目でみると大金を生み出すとしています。このことについては、以前記事を書きました。

 さて、この本の欠点は、米国の金融機関の説明が長々と続いて日本では参考にしにくいということもありながら、無条件に年10%の運用ができると書いてあるところです。しかも、具体的にどうすれば年10%の運用が可能かは書いていないし、日本では短中期ならともかく、長期だとまず不可能に近いですね。

 また、不動産購入を進めているところも、この本の書かれた3年後に米国の不動産バブルがはじけてしまったのをみると、賛同しかねるところです。私自身、以前書きましたが賃貸派ですし、賃貸と持ち家は経済的な損得はほぼないと考えていますから。

 ただ、そうした欠点があるにせよ、参考にするべきところは多いですし、翻訳者の解説で、日本では確定拠出年金があると、9年前の本にもかかわらず、きちりと書いてあるところは見事です。読みやすいし、お手軽に手にとってみたらどうでしょうか。

自動的に大金持ちになる方法-オートマチック・ミリオネア-自動的に大金持ちになる方法-オートマチック・ミリオネア-
(2004/07/09)
デヴィッド・バック、山内 あゆ子 他

商品詳細を見る


 内容    ★★★★
 読みやすさ ★★★★★
 図書館

コメントの投稿

非公開コメント

No title

夢見る父さんこんにちわ。

夢見るとおさんよく勉強されていますね。小生も見習わなくては><
最近は図書館に色々と予約をしています。
良い本があれば紹介致しますね~。

Re: No title

投資本紹介のコーナー、古い本が多くて、新しい本をなかなか紹介できません。まだまだ紹介していくので、よろしくお願いします。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR