FC2ブログ

【投資本17】ゲーリー・ベルスキー、トーマス・ギロヴィッチ著 お金で失敗しない人たちの賢い習慣と考え方

 タイトルからするといかにも胡散臭いのですが、コーネル大の心理学の教授とジャーナリストの共著による行動経済学の初歩的な紹介です。行動経済学とは、従来の経済学が「人間はかならず経済的に合理的である」という前提で組み立てられたのに対して、実際の人間の動きを実験・観察をとおして分析するものです。

お金で失敗しない人たちの賢い習慣と考え方お金で失敗しない人たちの賢い習慣と考え方
(2011/01/06)
ゲーリー ベルスキー、トーマス ギロヴィッチ 他

商品詳細を見る


 例えば、同じお金なのに、おばあちゃんの遺産は大切にして、ギャンブルで儲けたお金はあぶく銭として使い果たしてしまう、そういうことってありませんか?経済的な合理性を考えると、出どころが違ってもお金はお金であり、特別な意味はありません。

 また、使ってしまったお金に意味はないのに、いつまでも引きずってしまうサンクスコストの過ち。日本政府がしょっちゅうやっているのですけど、たとえ1000億円かけたプロジェクトでも、失敗だとわかったら即座にやめれば損失は1000億でとどまるのに、1000億がもったいないとして、さらに1000億つぎ込んで失敗したら、損失は2000億に膨らみます。

 また、購入した株の価格が下がると、もとに戻るまで損切りをしたくない心理が働きがちですが、これは多くの人間が利益を得る喜びよりも損失による失望の方がショックが大きいから。前述のサンクスコストとあいまって、所有している株が値下がり後、元の値段に戻るまでは保有し続ける、なんて合理的に考えればおかしいけど、しがみついてしまいます。

 さらに、自分の知識、実力を過信するオーバーコンフィデンス、群衆による投資に引きずられる愚、などわかりやすい例で頭に入りやすい。物理的な脳神経との関連である「神経経済学」の部分は多少複雑でしたが、全般的に面白く読めました。

 これら、行動経済学上の欠陥に陥らないためには、市場平均のインデックスファンドに投資して、チェックする回数もできるだけ減らすほったらかしが一番、というのが最大の結論です。ただ、ここの部分でおかしかったのはモダンポートフォリオ理論と行動経済学は必ずしも一致しないのに、モダンポートフォリオ理論上の最適解としてインデックスファンドを勧めていたこと。ちょっと矛盾を感じてしまいましたが、実は、人間の感情が複雑なためか、本書の記述には別の部分との矛盾箇所がそこそこあり、著者もそういうものだと認めています。ここらへんが納得いくかどうかですね。
 
2000年に書かれた「賢いはずのあなたが、なぜお金で失敗するのか」をリーマンショック後の09年に改訂したものなので、前著を読んだことがある人はあまり参考にならないかも。

 ちなみに、この本に掲載され、私がいくら考えても理解はできても納得ができなかった統計の問題を紹介します。

 クイズ番組であなたの目の前に3つ扉があり、1つは高級自動車、2つはヤギが入っています。あなたはどこに自動車があるかはわかりません。あなたはそのうちの1つを選びました。すると、答えを知っている司会者が一番端の扉を開けると、そこにはヤギが入っていました。あなたは、自分が選んだ扉を変えるべきでしょうか、という問題。これ、映画の「ラスベガスをぶっつぶせ」でも紹介されていましたが、未だに不思議。やはり私は統計学の素養がないので、コツコツインデックス投資に励んでいこうっと。

 内容    ★★★★
 読みやすさ ★★★★★
 図書館

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ




コメントの投稿

非公開コメント

No title

おぉ、翻訳著書ですか(´・ω・`)
オーバーコンフィデンスは最近小生も勉強しました。
自分の意思決定や行動の効果を実際にある因果関係よりも過大に評価する傾向で、認知的不協和に比較的近い印象を覚えました。
男性は特にオーバーコンフィデンスに陥りやすいそうです。小生もそうなのかもしれません。気をつけなくては(´・ω・`)

Re: No title

この本は初心者から上級者まで、読みやすいですよ。機会があればぜひ読んでみてください
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR