株主総会に初参加

 21日に行われた丸紅の株主総会に出席しました。これまで、会社の仕事の関係で、非上場の会社の株主総会に出席したことはありますが、私自身が所有している株の株主総会に参加するのは初めて。大企業でもあり、よく映画やテレビであるようなワクワクしたものなのか、覗いてきました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ




 総会はパレスホテルの1000人は入りそうな会場で行われました。壇上には社長以下の役員が着席。だいたい8割程度の入りでしょうか。定年退職層が多かったようです。以前、出席した某社の株主総会は10人しか出席者がおらず、コーヒーが出ましたが、さすがに1000人いるとそういうサービスはありません。でも、おみやげに1000円のクオカードをもらったからラッキーでしょうか。

 最初の15分はビデオで決算概要について説明。続く20分ほど社長の説明がありました。連結ベースでは2013年3月期は減収だったものの、為替差益や法人税負担の改善があり、当期純利益が19.5%増の2057億円だったこともあり、穏やかな雰囲気でした。

 その後、30分ほどの質疑では、「業績が好調なのに株価が同業他社に比べて低迷している理由」「配当性向をもっとあげてほしい」といった、株主利益についての質問が目立ちました。確かに五大商社といわれ、伊藤忠と同じルーツをもっているのに、丸紅の株価は600円台後半と伊藤忠の1200円台と大きく差をつけられています。私もリーマンショック前に買ったので、大幅な含み損を抱えています。会社側からは「収益をあげ、財務基盤を拡充することで中長期的に株価を上げるようにする」との回答がありましたが、上がるのはいつのことでしょうかね。

 また、時代を反映しているなと思ったのは「女性役員はいないのか」「原発を海外に輸出することにどう思うのか」「介護事業に参入は」といった質問が出たことです。総合職で女性はわずか8%しかおらず、しかも平均年齢が30代半ばだそうで、社外役員をのぞけば、女性の役員、執行役員はゼロ。あと何年かすれば変わるのでしょうかね。また、海外での原発事業は現在行っておらず、「非常に慎重に行いたい」としていたのも、商社でエネルギー部門が強いだけに印象的でした。

 質疑も穏やかな感じで、30分ほどで終了し、そのあと役員、監査役の承認の議事をすませ、70分ほどで総会は幕を閉じました。ソフトバンクの株主総会に行こうか迷ったのですが、孫社長のスピーチは面白いけど、何回も見たことがあるので、雰囲気がわからない商社の株主総会を見てみたいというのもありました。やはり、世界中を相手に商売をしているだけに、事業報告も大変興味深かった。来週にも私が株主の企業の株主総会があるので、行くつもりです。

 ちなみにクオカードで1000円もうけたので、昼ごはんはパレスホテルのレストランでランチ。900円と私にしては高級なランチをとりました。差し引き100円設けたので、得した気分です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR