投信損益わかりやすく 毎月分配型向け?

 日経新聞によると、2014年12月から投信を保有する個人に購入時からの元本の増減と分配金を合わせた損益を通知する制度が始まるそうです。日経の記事はこちら(有料) どういう意味かというと、投信の分配金は、銀行の利息などと違って、元本の一部が取り崩される場合もあります。いままでは、それが購入者にわかりにくかったのが、「分配金を支払った後の元本は9800円なので実際の利益は500円」とわかりやすくなるそう。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ




 日経によると、「分配金の額を競うあまり、運用で利益が出ていないのに高い分配金を毎月支払う投信を金融庁は問題視」していたそうです。投信に詳しくないと、分配金=利子と勘違いして、分配金が多ければ得だみたいに思い込んでしまう人もいて、金融機関の「お得意さん」になってるみたいだし、マネー雑誌の分配金ランキングなんかも、そうした思い込みを加速させます。こういう誤解を少しでも防ごうというのは、金融庁や証券業協会の投資家保護に向けた施策といえるでしょう。

 ただ、気になるのは「14年12月以前に買った投信は義務づけを見送り、販売会社の努力目標にする」ということは、現在、購入した投信は対象外になる可能性もあるということですね。証券会社にしては、きちんと対応するところもありそうですが、どういうわけか日本の場合、金融機関はサービスの充実で選ぶ人よりも、知名度やセールス力で選ぶ人が多いため、無視する金融機関もでてきそうですね。

 ところで、インデックス界隈では評判の悪い毎月分配型ですが、私は現在、必ずしも否定していません。もちろん、同種類のファンドだったら、毎月分配型の方は効率が悪い(1)アクティブで、ハイイールドなど、毎月分配型以外のものがほとんどないジャンルのものが欲しい場合がある(2)アクティブで、毎月分配しても、似たようなインデックスを上回る成績が期待できる。(3)分配金を再投資することで、効率が悪くても一定の利確効果がある。例えば、私はフィデリティのUSリートを持っていますが、こちらは、5年所有すれば、分配金の額だけで購入額と同等の額が分配される実績があります。したがって、5年以上持てば、いくら基準価額が下がろうと、少なくとも投資元本は確保される。

 ただし、長期的、確率的に見たら、毎月分配型は分が悪い。大原則ですが、アクティブでインデックスを長期間上回るものは極めて少なく、事前にどのファンドがインデックスを上回るのか、確実には分からないからです。また、投資元本が確保されたとしても、それで効率が悪くなっているとすれば、利益を売る機会が失われる可能性が高くなります。したがって、現在、ファンドのごく一部しか毎月分配型は所有していません。

 さらに、来年からは証券税制の改正で、利益に2割(復興増税分をいれれば2割以上)が課税されます。したがって、毎月分配型の効率の悪さは、今までよりもひどくなります。そのため、年内には手持ちのフィデリティUSリートを処分し、その後は毎月分配型にはできるだけ、近づかないつもりです。同ファンドですが、これまでのところ、私の所有分はインデックスの国際リートを大幅に上回っており、ラッキーなうちに手仕舞いしたいというのもあります。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

夢見る父さんこんにちわ。
いつも楽しく拝見しております。
そうだ、来年から分配金も2割課税になるんでしたね(´・ω・`)
利益が出ていれば、より効率が悪くなるという訳ですか。
これは盲点でした。
早速ブログで取り上げてみようと思います。

Re: No title

税率引き上げのせいか、フィデリティはハイイールドで年1回分配型を発表しました。選択肢が広がれば、毎月分配型の利用も減るのかなと思っています
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR