ソフトバンクの米携帯会社買収について

 ソフトバンクが米国の携帯会社スプリント・ネクステルを買収するとの報道があり、買収金額が1兆5000億円ともいわれ、ソフトバンクの資金繰りを圧迫するとの懸念から12日金曜日の東証で、17%以上も株価が下落しました。

  父さんは10年ほど前、通信業界に関わったことがあり、そのころを思い出しました。当時話題だったのは、NTTドコモが海外投資に失敗し、1兆5000億円もの評価損を計上したことです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ



 当時、日本の携帯電話の型式は欧米とは違ったもので、しかも、ドコモとKDDIでも違っていました。そのため、日本では一人勝ちだったドコモも、これ以上の市場の伸びは期待できませんでした。そのころ、第三世代携帯電話(現在のFOMA)への移行が勧められ、ドコモはFOMAを海外でも通用する型式にしたかった。さらに、iモードも海外の携帯電話に採用させることで、日本のドコモから世界のドコモになろうとしました。そのため、欧米アジアの携帯電話会社に出資しましたが、ITバブルの崩壊もあり大失敗したのです。

 ドコモの立川社長の話をきいたことがありますが、「ITバブルの崩壊は神でなければわからなかった」とまるで他人事だったのに驚いたことがあります。素人投資家ならいざしらず、日本を代表する企業の責任者がそんないい加減な経済観で務まるのでしょうか。ドコモの利益からすれば1兆5000億円失ってもどうってことないという判断だったのかもしれませんが、その後の10年、ドコモが携帯3社の中でも精彩を欠いているのはこうしたトップが続いたせいだと思っています。ちなみにこの10年でドコモの株価は6割下落していますが、KDDIは10年前とほぼ同じ水準です。

 同じころ、英国のボーダフォンが日本テレコムを買収し、Jフォンからボーダフォンに名称変更しました。Jフォンは今では当たり前となったカメラ付き携帯電話を写メールとして売り出し、若者を中心に人気を呼びました。ボーダフォンも積極的な海外展開を図っており、その一環として日本にも進出。モロー社長は資材調達などが世界規模で行われ、経費削減などのメリットは大きいと意気込みを語っていましたが、こちらも日本では伸び悩み、ソフトバンクに売却しました。

 通信は現地でのコミュニケーションを図るものですから、日本での感覚と違ったことも多く、海外での展開は日本本社の思ったとおりにいかないこともままあります。さらに、米国では通信業への外資規制もあり、かなり危険なチャレンジです。ソフトバンクが利益水準からみて割高な株価にとどまっているうえ、今回、さらに下落したというのは、本当に大丈夫なの?という投資家からの疑念が拭えないということでしょう。

 しかし、孫正義社長は、日本の低価格でのブロードバンド化を実現した功労者であり、NTT相手にそんなことができるわけないという批判を一蹴した実力者です。オーナー社長でもあり、NTTドコモのようにグズグズして失敗するようなことはないでしょう。孫社長の生き方を見ていると、今度もなんとかなるように思えるのが不思議です。父さんはソフトバンク株をわずかですが保有していますが、引き続き保有するつもりです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~

世界188か国、総勢2万人もの人が参加する年次総会。
エジプトが辞退したため、日本が開催を準備した経緯がありましたが
減速する世界経済にどう対応していくのか。IMF加盟各国は、
新興国の台頭など現実に向き合う必要性に迫られているようです・・・

ブログの方をリニューアルいたしましたので、
挨拶に伺わせていただきました~♪

また遊びにきてくださいね~
みんなで盛り上がりましょうo(^▽^)o

No title

>>投資マニアさん

 ブログ拝見しました。コンテンツが豊富でうらやましい限りですね。じっくり読ませてください。

 ソフトバンク、15日も続落してますね。果たしてどうなるのでしょうか
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR