FC2ブログ

東証セミナーに参加しました

 12日の金曜日、東京証券取引所で「+YOUニッポン応援全国キャラバン」というセミナーに参加してきました。個人投資家の投資離れを憂う東証は、独立系の証券会社と提携して、全国を回って長期投資、株式投資の必要性を訴えています。父さんは横浜でのセミナーにも参加しましたが、今回は講師に豪華メンバーが揃っていたため、再び参加しました。

 講師はセゾン投信の中野社長、コモンズ投信の渋澤会長、レオスキャピタルの藤野CEO、会社四季報の山本編集長。このうち、山本さんを除く3人は「草食投資隊」として、長期投資を訴える活動を行なっています。父さんも草食投資隊のセミナーに3回参加しましたが、単なる講義形式ではなく、参加者をグループに分け、ディスカッション。プレゼンまでさせます。こちらも真剣に考えなければならないし、父さんが参加した金融関係のセミナーでは最も充実しています。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ



 さて、東証セミナーでは草食投資隊の3人が長期投資の重要性を訴えました。中野さんがまず理念的な話を説明。米国では家庭の資産の半数が投資に回っているのに日本では1割しかなく、それが経済成長の差に結びついていると投資の重要性を訴えました。渋澤さんも理念的な話で、次世代を拓くのは全体ではなく、とんがった数十の企業で、そこへの投資が必要という話です。

 一番実践的だったのは藤野さんの話でした。過去10年でTOPIXは-20%だったのに、上場企業の半数が株価を上昇させているという事実を指摘。東証2部指数はなんと32%もプラスだそうです。その一方で、NTT、トヨタといった日本を代表する企業30社からなるTOPIXコア30は-43%と、半値近い水準になっていることを挙げ、有名な会社だから投資するのは間違いで、増益している成長企業に投資することが重要だと説得力のあるプレゼンでした。

 レオスキャピタルの日本株投信「ひふみ投信」は、設定来、トピックスが-30%と市場環境が落ち込む中、プラス30%の好成績を挙げ、日本株投信でもトップクラスの成績を上げています。父さんも以前は日経225のインデックスを持っていましたが、それを処分してひふみに乗り換えています。

 レオスが投資する企業について藤野さんは(1)志の高い企業(2)増収増益になっている(3)オーナーか強烈なリーダーシップをもったトップがいること、など7項目を挙げてくれました。いずれも納得できる項目です。藤野さんは「長期投資とは単に長く投資するのではなく、業績の上がる企業に長く投資すること」と喝破されました。

 TOPIXや日経225をインデックスで買うと、電力会社とかオリンパスとか、父さんからすると、社会的に問題があると思える企業も中に含まれるんですよね。それよりも、ちゃんと企業を選別しているアクティブ投信は、利益も重要ですけれど、その理念に投資したくなります。

 山本編集長は四季報の裏技というタイトルで、四季報のさまざまな使い方を伝授してくれました。個別株はやらないので、四季報は買っていないのですが、藤野さんや山本さんの話を聞くと、また、個別株に手をだしたくなってしまう・・・ 我慢我慢

 東証のキャラバンも草食投資隊もまだまだ活動は続きます。機会があれば、また参加したいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR