確定拠出年金は損なのか

 確定拠出年金に加入した会社員が退職後、預けた金がなくなるだけだと、怒りをぶちまけたブログが話題を呼んでいます。反響をみると、確定拠出年金について、国が国民をだますための詐欺的商品とすらいう意見も出ています。

 オレの 10 万円が、20 年掛けて溶けていくのをただ見届けるしかない件

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ






 前にも書きましたが、父さんの勤務先には企業年金がありません。このため、個人型の確定拠出年金というのは非常に助かっているすばらしい制度です。個人型の確定拠出年金は月額2万3000円までを掛け金として拠出して、自分で運用を指図する制度です。この制度の最大のメリットは掛け金が全額税控除されることです。すなわち2万3000円×12で年間27万6000円の掛け金にたいして、父さんの場合は所得税率が20%なので、5万5200円が何もしないで戻ってきます。手数料が5000円としても、単利で18%の金融商品など他にありません。

 元本割れが怖ければ定期預金にすればいいし、リスクを積極的にとりたければアクティブファンドにすればいいし、選べる賞品もバラエティに富んでいます。信託報酬が通常のファンドより低いので、父さんは全額先進国株式で運用しています。

 最大の欠点は年金支給時まで換金ができないこと。基本的には60歳まではどんなにお金が必要でも、戻ってこないのです。したがって、全体のポートフォリオのごく一部を当てないと、大変なことになってしまいます。でも、それを理解すれば、非常に利用者に便利な商品ではないでしょうか。個人型の月額2万3000円の制限を拡大してほしいと、願うばかりです。

 確定拠出年金を批判しているブログをみると、書類が送られてきたけど見ないで印鑑を押したとか、あるいは、手数料の高い金融機関から移していないとか、もっと研究すれば対応できるのにと思うばかりです。周囲に金融に詳しい人がいれば相談すればいいし、そうでなくても、ネットでいろいろなコメントがつけばそれを参考にすればいいわけですから、本人も確定拠出年金のメリットを理解していただければいいなあ、と思ってやみません。

コメントの投稿

非公開コメント

その通りですね

>確定拠出年金を批判しているブログをみると、書類が送られてきたけど見ないで印鑑を押したとか、あるいは、手数料の高い金融機関から移していないとか、もっと研究すれば対応できるのにと思うばかりです。

ほんとにその通りですね。制度はよくできているのに、強制参加させられた方々には考える時間がありませんし、勉強できる場も少ないです。今の勤務先よりも長い付き合いになるかもしれない制度なのに、もっと情報を広げていきたいですよね。

re:その通りですね

コメントありがとうございました。
制度をよくしって、利用者にとって有利な制度だと思えば
これほど利用しやすいものはないのに、私の周りの人も
怖がって利用していないみたいでもったいないです。
資産運用は勉強の有無で変わってくるように思えます
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR