FC2ブログ

ゆとりある老後に1億円以上必要

 プレジデントオンラインに掲載されている「ゆとりある老後に必要な資金は、1億1856万円」という記事が、批判を浴びています。そんなに金が必要なんて、どこの金持ちだ、庶民には関係ない、といった感じ。 

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ




 タイトルをみたらびっくりしますが、FPの書いた資産運用本では、この数字は常識的なものとして挙げられています。みんな試算の出どころが一緒で、総務省の家計報告で高齢無職世帯の夫婦の1カ月の平均支出が26万4948円、生命保険文化センターの調査でゆとりある生活を送るためには月36万6000円といったものです。だから、この記事が独自に試算したのでなく、ある程度根拠のある数字なんですね。しかも、年金でまかなえるから、自分で用意する額は3500~4500万円というのも、よく言われる数字。これまで老後の家計なんか興味のなかった人がびっくりして、一斉に批判したということでしょうか。

 もっとも、平均というのがクセモノで、大金持ちの人が多ければ平均は一気にひきあがります。また、ゆとりある老後が月36万4000円とありますが、実は、私の現在の生活費よりも、この数字は多かったりします。おそらく、今の高齢者で恵まれた方々の希望する数字だから、多めになったということでしょうか。中央値が知りたいところです。

 実際、どのくらい資金が必要なのか、家計をシミュレーションしてみました。もちろん、インフレ率や自分自身の健康など、リタイアメント間近にならないと分からないものなので、あくまで机上の計算です。また、現在は賃貸ですが、定年後は中古の住宅を地方都市に数百万円で購入すると考えており、それを前提にしています。

 1ヶ月に夫婦2人で必要な費用は。住居関連2万円、食費4万円、光熱費1.5万円、通信費・新聞代1.5万円、生活用品・衣料・交通費・雑費3万円、外食・交際費1万円、趣味1万円、医療費1万円、国民健康保険1万円。税金1万円、予備費1万円。合計18万円。今の生活費や、70代の母の生活費を参考にして作るとこんなものでしょうか。18万円だとおそらく年金でまかなえるので、年金が出るまでの辛抱です。

 ゆとりある暮らしだったら、これに2万円プラスして、20万円で十分そうです。そう考えると36万円あれば、どんなに豪遊できるか想像もつきません。まあ、普段から質素な生活をしていれば、老後も十分に対応できるということでしょうか。それに、本人が満足だったら、無理に贅沢に暮らす必要はないですしね。

 このほか、寝たきりや病気になったときに備えて、200~300万円は備えたいと思いますが。ちなみに葬儀は直葬を考えています。父も遺言で直葬を行ったのですが、費用は全部で20万円ほどでした。そのくらいは残された人に払ってもらっていいと、勝手に考えています。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

プレジデントの記事も見ました。
夢見る父さんさん、意外なほど質実剛健なんですね。

Re: No title

こんにちは。机上の計算なので、実際こういうことがあてはまるとはかぎらないのですけどね。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR