fc2ブログ

静かな退職、日本でも広がる



やりがいやキャリアアップは求めずに、最低限の仕事だけをこなす「静かな退職」という言葉があります。マイナビが正社員3000人を調査したところ、半分が「静かな退職」になっていることがわかりました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 コロナ禍で自分の人生を考え直した人が多く、世界的に増えています。静かな退職をしている人にとっては、ワークライフバランスのとれた自分の幸福を追求できる生き方ができますし、ガンガン働きたい残りの半分にとってもライバルが半分消えるわけだから出世しやすくなるのでウィンウィンではないでしょうか。

 調査では全体の56.9%が「できることなら働きたくない」と回答。それだったら、資産をためてさっさとFIREすればいいのにと思います。話がずれるかもしれませんが、最近、FIREという言葉がメディアにあまり出なくなってので、ブームが終わったのではという人もいますが、僕は逆に考えています。つまり、珍しかったからメディアが取り上げるわけで、多くに受け入れられると今更感があって取り上げなくなったと。過半数が働きたくないと考えているなんて、まさにその証拠ですね。

 一方、「仕事と私生活、両方の充実を追求できているか」は「できていると感じる」26.6%、「できていないと感じる」39.0%でした。静かな退職をしているのだったら、きっちり両方追求すればいいのにとここでも思います。どうあっても仕事で充実できないならば、さっさと転職すれば良い。年齢によるとはいえ転職は昔よりはるかに簡単ですから。

 僕の場合、サイドFIREをうたっていますが、静かな退職はしていないと思います。なぜなら今の仕事は気に入っており、それこそ本多静六のいうように「仕事を趣味」と感じているからです。趣味で好きなことをして1日をすごしたうえに、お小遣いまでもらえてありがたい。恐らくこういう人はごく少数派なんでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR