fc2ブログ

日本、ドイツの次はインドに抜かれそう



 日本のGDPがドイツに抜かれて世界4位になったことが話題になりました。ところが、来年にはインドにも抜かれて5位になってしまう可能性があるそうです。かつては米国に次いで2位だったので、どんどん落ち込んでいますね。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 第一生命経済研究所の熊野英生さんによると、今回の転落の主因は円安です。2023年は1年で6.5%円安になりました。そのため経済成長率がコロナの反動で5.7%と高くても、ドル建てでの国際比較では減少してしまったわけです。

 ただ円安で企業業績が好調なことが、現在の株高につながっています。ドル建てGDPで日本の順番が下がっても日常生活に影響はありませんが、株高だと個々人の資産は増えます。個人的には円安は大歓迎なんですよね。

 また、熊野さんはGDPを増やすために生産性を上げる成長戦略が必要だと力説しています。しかし、僕のような働かない生産性の低い人間からすれば、尻をたたかれて働かされるようなことはまっぴらごめん。「日本強い」のメンツを守るために日常が犠牲にされることがありませんように。

コメントの投稿

非公開コメント

これに関しては、ドイツが相当無理してる(中国に依存し過ぎて未来が無い、等)という分析もあるので、「ああ日本はもうダメだ!終わりだ!日本人はダメな生き物だ!」と悲観を振り撒くのが大好きなマスコミに同調し過ぎるのも危険かと思います。

「日経平均が過去最高水準に到達」というニュースを、お通夜みたいな暗い表情で伝えるのが日本のマスコミなので…

No title

すみません、こなひこさんのコメント最後の2行に吹きましたw
>お通夜みたいな暗い表情で…ってw。 ほんとですけど。
実は以前、同じ事を思ったのがオリンピックの時(ロンドンだったかな)。メダルを連日獲得したのに、本当にお通夜みたい、暗い。
朝のワイドショーでしたが、誰もニコリともしない、空気はどんより🤢。
クレームでもあったのか、その後1人のコメンテーターが「日本の金メダルを喜んでおります。」と取ってつけたようなコメントをまたお通夜みたいな顔して述べました。気持ち悪かったです。見るのやめました。

Re: タイトルなし

こなひこさん、コメントありがとうございます。
円安の影響もありますし、株価の勢いは日本の方が上ですから4位になっても日本が終わりということはないのですが、数字は数字なので紹介しました。

僕自身、日本株はしっかり買っているしむしろこれからは日本の時代がまた来ると思ってます。

Re: No title

みずほさん、コメントありがとうございます。
スポーツはそれでも喜んで伝えるマスコミが多いですけど、株高は必ずのように、庶民の生活は苦しいとか、一部の富裕層だけとかいちゃもんをつけますよね。株式市場は誰にでも開かれてるのだから、貧困層がのし上がれる数少ないチャンスなのに

No title

連投失礼いたします。
日経最高値と共に、NISAへの資金流入が過去最高なのも話題になりますが、必ず「あなたに恩恵ありましたか?」「給料は上がりましたか?」を街中で聞くメディア。昨日の今日で恩恵も何もないと思いますが。。。結論はお金持ちばかり得をする、だったりです。
みんなそう変わらない収入の中、情報を求めてネットや本で勉強して一歩足を踏み出し始め、今に至っています。

TV番組で芸人兼コメンテーターの米国人パックンが、投資はギャンブルと違う事の説明をポーカーの勝負の話を用いてしましたが、タレントさんたち納得できない様子。経済の専門家みたいな人もいましたが、否定を前提に話すので実りのない番組でした。何と言ったらいいか…主義が違う専門家が話を掻き回すのやめてほしいと思いました。分かって起用しているかもですが。

アメリカ人の芸人、タレントさんはみんな「長期分散積み立て」を薦めます。スタンダードだからですよね。みんなって3人ですが。厚切りさん、ケント・ギルバートさん、パックン。

Re: No title

みずほさん再コメントありがとうございます。
 自分で一歩踏み出せるかどうかが大きな違いですよね。
 タレントさんでも、日本の芸人やアイドルで投資をしている人はいるので
 もっと出演させればいいのにと思っちゃいました。
 外国人タレントの正論に他の出演者が反論すると視聴者がどちらに肩入れするかですよ
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR