fc2ブログ

シニアの長期投資はネット証券より対面証券がおすすめとか



 東洋経済に「シニアの長期投資はネット証券より対面証券がおすすめ」という記事が掲載されており、エープリルフールの冗談かと思ったら本気のようでした。うーむ東洋経済。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 記事ではフリージャーナリストの川島睦保さんの本からの引用。最近、ネットニュースって本からの一部抜粋が多いですよね。それはさておき、川島さんによると、「ITがあまり得意でなく、年に1、2回程度しか取引しか考えていないシニアの初心者は対面証券のほうが良いと思う」そうです。

 理由として、ネット証券は取引手数料が無料のため、保有株が値上がりするとすぐに売りたくなり頻繁な「バクチ」取引につながりかねないとのこと。また、ネット証券では投資家は孤独になりがちですが、対面証券だと格好の相談相手になり、税金や相続なども丁寧に対応してくれるとのこと。特に「営業の担当者から直に様々な投資の情報や売買に関するサポートを受けることができる」のがメリットと言っています。

 でも、手数料が無料だから頻繁なバクチ取引を行う人が果たしてどのくらいいるでしょうか。デイトレーダーならわかりますけど、シニアの初心者がデイトレードを頻繁に行う可能性は低いでしょう。

 また、対面証券の担当者が能力があるかはかなり微妙。そのうえ、営業の担当者からの情報は、顧客のためではなくて証券会社が売りたいものを押し付けてくる可能性があり、投資のベテランならおかしいといえますけど、初心者だとどこがおかしいか分からないのでは。証券金融あっせん相談センターへの相談は年間4000件を超えています。金融機関はとても信用できません。

 「割高な手数料は、質の高い助言で取り戻せる」とありますけど、少なくとも僕は推奨銘柄も、相続時を含めて対面証券のアドバイスは何度も聞きましたが、質の高い助言だと思ったことは1度もありませんでした。そもそも証券会社のだしている予想が今年の日経平均にしろ為替にしろ外れてばかりなのは、このブログでも何度か取り上げた通りです。

 パソコンの操作にしたってウィンドウズ95から30年近くたち、今の70代だって職場でパソコンを使ったでしょうから、シニアだからネット証券は似合わないというのは大きな誤解といえましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR