FC2ブログ

金融庁、投信の監督強化へ

 日経新聞によると、金融庁は投資信託の商品構成や販売体制の見直しを求めるそうです。(記事は有料)手数料目当ての回転売買や過剰な分配金を出す商品は「投資家の利益になっていない」として、行き過ぎた回転売買については是正要請を、分配金についてはNISAの恩恵がないことを販売時に説明するよう求めるとのこと。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ




 2つの柱のうち、回転売買については、金融機関が手数料目当てで勧めることが多いとのこと。購入者が手数料のことを理解していればいいのですが、そうした知識がないと、テーマ別や流行の投信を次から次へと進められて買っていく危険もあります。それで儲かればまだしも、損しているから次の投信というのをどんどん勧められるのでは、投資家にとっては損する一方。

 また、毎月分配金についても、利子のように誤解する人もいますが、元本を取り崩すタコ足的になっているものもあり、無理に分配金を引き上げることで、運用面にしわ寄せがいき、解約時に元本が目減りしていることに気付いてトラブルになるケースもあるとのこと。

 回転売買については、現在でも禁止されており、「無意味な反復売買・乗り換え売買」は不法行為とした判例があります。この裁判では年3.17回が違法な回転売買と認定されましたが、日経の記事では数ヶ月に1回で別の投信に乗り換えるのは好ましくないとしています。既に規制対象になってもおかしくないのに、なぜ今頃なのでしょうかね。

 分配金については、もっと直接的に高分配すぎるものの販売規制までいくのかと思っていたら、販売時に顧客へ注意する程度などでおとなしめということでしょうか。去年の1月の日経で1面トップで扱ってましたが、その後、こういう結果になったということは、今回の規制もどうなるか、日経のトバシなのかもしれません。

 本来、投資は自己判断だから、あまり規制をかけるのもどうかと思いますが、高齢者の方を中心に、よくわからないけれど勧められるままに購入してしまう人が多いのも現状ですし、今さら、高齢者の方に投資教育といっても難しいということでしょうか。投信の評判が悪くならないのだったら、この程度の規制はやむをえないのかな、という気持ちです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。(^^

>分配金についてはNISAの恩恵がないことを

ご紹介いただいている元記事は、会員のみなので私は読めないのですが、これはNISAでも分配金は課税されるという意味ですか?

それとも非課税にはなるが、過分配の特効薬にはならないという意味でしょうか?

今、NISAを研究中なのでお聞かせください。

Re: No title

おはようございます。

引用部分が舌っ足らずでした。無理して分配金をだしている投信では元本払戻金(特別分配金)になってしまい、元本払戻金はそもそも非課税ですから、こうした投信では、NISAの恩恵を受けられないということです。適切な範囲の分配金でしたら課税されますので、NISAの意味はあります。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR