私の投資履歴(1)

 夢見る父さん、コツコツ投資は今年始めたばかりなのですが、投資歴は無駄に長い。ただし、なんにも勉強せず、やけどばかりしてきました。それで一攫千金を夢見るのですから、駄目人間ですよね

 定期預金しか知らなかった父さんが、始めて投資というものに手を出したのは1998年のことです。当時、「金融ビッグバン」という言葉がいわれ、たまたま雑誌を手にした父さんはすっかり信じ込んでしまい、会社のそばの野村證券に口座を開きました。そして、フィデリティの欧州中・小型オープンを買い付けました。さらに、外貨預金をドル建てで開始。資産の勉強など何もしていなかったので、定期預金はすべて解約です。思いっきり頭が悪いですね…




 続いて2002年、野村のインターネットで売買できるホームトレードに申し込み、個別株も購入しました。しかし、買ったのはトヨタ自動車、NTTドコモ、フジテレビといった大企業のみ。何となくの印象で買い付け、PERって何?おいしいの?の世界でした。それでも、ITバブル崩壊直後に買い付けたため、大きな損を出さないまま2007年までいきます。そこで、人生で3番目に間抜けなことをしてしまったのでした。

 たまたま、飛行機の移動中に暇で雑誌(父さんがマネー雑誌をよむとろくなことが起きない)を呼んだところ、FX(外国証拠金為替取引)という文字が目につきました。その直前に、新聞でどこかの主婦がFXで脱税して逮捕されたという記事を呼んでいたため、FX=だれでも儲かると勘違い。外貨預金や株を売却して、FXに当時持っていた資産の半分近くをぶちこんでしまいます。「へ、へ、へ。これが何億にもなれば遊んで暮らせるぜ」と阿呆なことを夢見ますが、怪しげなブログや商材を信じて、なんと1ヶ月も立たないうちに、これが蒸発してしまい、涙目に

 その後も資金をかき集めますが、2008年のリーマンショック後の円高でジ・エンド。買い付けていた株も07年~08年に売り買いしていたため、売却益はFXで吹っ飛び、持っている株は高値づかみばかりで見るのも嫌になり、長期塩漬けへ。

 しかも、資産をろくに管理、チェックしていなかったことです。結局、トータルでいくら失ったのか。FXで500万円と推定されますが、正確な額はいくらなのかいまだに不明。というか、もう口座を解約したので、永久に不明、というお粗末さ。これは人生で2番目に間抜けなことです。(その2に続く)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR