金持ちになれなかった俺はしぶしぶDIYをしました。

 国際投信のコラムで、「DIYが増えて投資の危機が進行中!?」というコラムが、インデックス投資家ブロガーの皆様のツボに入ったみたいで、あちこちのブログで話題になっています。DIYとは「Do It Yourself」の投資家で、IFAなどの専門家に相談しないで自分で投資をする人たちのことをいうそうです。私ももちろんDIYです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ




 もし、生まれついての金持ちでしたら、きっと執事かなんかが資産運用の専門家で、そういう人に一任しちゃえばいいわけです。冗談は別としても金持ち向けのラップファンドに預ければ、プロである金融機関にすべてお任せするわけですから、DIYの対極にあり、儲かるのかもしれません。でも、資産が最低50億円がないと、金融機関からはカモとしてしかみられない、という記事を読んだことがあります。そう考えると、金持ちでない私としては、パスですね。

 さて、それならIFAやFPといった専門家に相談するのか、というと、ちょっとその気も起きません。正直、相談するのが怖い。例えば金融庁から処分を受けた業者のニュースもしばしばみます。そして、そういうサイトに行くと、IFAの専門家が相談に応じるとあります。事前に情報をもっていれば、ああこの業者は金融庁から処分を受けたとわかりますが、そうでなければ非常に親切にみえ、思わず相談してしまいそうです。そうすると、わけのわからない海外ファンドを押し付けられそう。

 私のような業界の外にいる人間からすると、どの業者が処分をうけているか、悪評がたっているか、なんてよくわからないんですよね。そのような業者に相談して、搾り取られたらどうするのか。それだったら自分で勉強して、失敗も自分のせいだとわかってる方がよほどましです。

 また、最近金融の専門家の方々と、私の感覚がちょっと違うのではないか、と思えることが多々あるのですよね。典型的なのが、みずほ銀行の暴力団組員への提携ローン問題についての反応です。みずほ擁護の意見が結構多い。例えば、「総額で2億というが、1件当たりでは100万円。金額も小さく、みずほがこんなに責められるのはマスコミが騒ぎすぎ」という専門家の意見を複数見聞きしました。

 いや、私からすれば100万円って結構大きな金額なんですけど。金融関係の仕事をしていれば、何十億という数字が当たり前になるのでしょう。そういう人は何十億が当たり前の金持ちと同じ感覚なのでしょう。でも、100万円を小さな額としか思えない人に、私の資産運用を任せたり、相談できるかというと、100万円なんて「はした金」はあっという間に吹き飛ばしてしまうでしょうから、とても無理。

 もちろん、尊敬できて能力のある専門家もいるのでしょう。しかし、インデックスの理論からすれば、事前にそれがだれかわからないだろう、と思ってます。というわけで、金持ちでない身としては、自分で勉強して自衛するしかなく、渋々DIYを続けているわけです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR