金融資産激減 アベノミクスで何が

 金融広報中央委員会は「家計の金融行動に関する世論調査」を発表しました。金融資産の保有額は家族持ち(2人以上の世帯)で1101万円と前年の1108万円と変わらないものの、中央値(真ん中の値)は330万円と前年の450万円から3割近くも減りました。単身世帯は平均798万円(同98万円増)、中央値100万円(前回と変わらず)でした。調査は6月~7月に行われ、1年前に比べるとアベノミクスで家計も好影響と思いきや、意外な結果です。特に家族持ちが激減していますが、何が理由なんでしょうかね。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ




 また、金融資産ゼロも単身世帯で前年より3.4ポイント増え37.2%。家族持ちでも31.0%と前年より5ポイントも上昇しました。年齢別でみると、家族落ちの60代でも30%が金融資産ゼロという結果に。特に家族持ちの方は、どうやって暮らしていくのですかね。生活保護でも受けるのかなあ。

 その一方で、金融資産の割合では、株式が8.3%と前年の5.6%から2.7ポイントもアップ(以下、数字は家族持ち)。投資信託も5.1%→5.6%と増加しています。その結果、金融資産がある人の平均保有額は1646万円と前年の1539万円から100万円以上も増えました。持てる人は、よりリスク資産にシフトして、持たざる人との格差が開いているということかもしれません。

 面白かったのが、老後の生活が心配としたのが81.6%と高いものの、前年の82.3%より微減していることです。統計の誤差の範囲といえますが、保有金融資産が減っているのに不思議な気がします。

 また、借入金については、全世帯の平均が506万円→546万円、借入金のある世帯では1340万円→1461万円と増えました。このうち、住宅ローンが1307万円→1353万円と増えており、これはアベノミクスや消費増税の影響かもしれません。

 とりあえず、私のリスク資産は平均より上だということがわかって、ちょっとうれしい気持ちもします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

>家計の金融行動に関する世論調査

コレ面白いですね。

10ページにある問13の
「元本割れを起こす可能性があるが、
 収益性の高いと見込まれる金融商品の保有」の回答で

「そうした商品を保有しようとは全く思わない」が
82.6%もいるのに、

金融資産の割合で株式・投資信託が13.9%もあるってことは、

夢見る父さんが言っているように、
「持てる人と持たざる人との格差」が、
いろんなところで見て取れるような感じです。

この13.9%も、たぶん平均値だと思うので、
株式・投資信託の金融資産の割合の中央値って、
実は0%なんじゃないかという気がしてます。

Re: No title

コメントありがとうございます。
本当はクロス集計表とか細かいデータもみたいですよね。
中央値と平均は結構違うものもありますから。
いずれにせよ、リターンを得るにはリスクをとらなくてはならない
そういうことが浮き彫りになった調査だと思いました。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR