タイガーマスク基金の進学サポーターに申し込みました

 「明日の光をつかめ」というドラマをご存知でしょうか。フジ・東海テレビ系列で夏に放送された昼ドラでこれまで3作放映されています。児童虐待を受けたり少年犯罪の加害者になるなどして、家族と暮らせなくなった子供達を預かる「たんぽぽ農場」という施設の物語。重い過去をもった子供達の更生がテーマですが、施設長の北山(渡辺いっけい)自身が犯罪被害者ということで、物語に深みを与えています。私はこのドラマが大好きです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ




 かつて、施設の子どもと遊ぶボランティアに参加したことがありますが、それ以外は、こうした施設の子供達と接点がありませんでした。テレビドラマは好きでしたが、しょせん、それはドラマの世界です。たまたま、NPO法人のタイガーマスク基金が、来年度4年生の大学へ進む児童養護施設出身の子供達に学費を支援するサポーターを募集しているという記事を読みました。

 私も知らなかったのですが、児童養護施設出身の子どもが大学へ行くというのは大変な苦労をしているそうです。茨城県高萩市の草間市長は施設出身で大学に進んだ経験がありますが、私よりちょっと年上の彼の世代ですら、県内の施設出身者で大学に進んだ人はいなかったとのこと。若い恵まれない人に何とか協力したいと前々から思っていたので、サポーターに申し込むことにしました。月5000円を4年間。計240000円を支援することになります。

 恵まれない子供への支援組織はあしなが育英募金があり、こちらは駅頭で募金をしているときには、協力するようにしています。けれでも、タイガーマスク基金のことは知らなかったので、良い機会になりました。一応、どんな団体か調べたところ、澤上篤人さんや勝間和代さんなど、投資の世界でもお馴染みのかたも協力しているそうなので、信用します。

 私も自分の子どもがいるだけに、できるだけ多くの子どもに幸せになって欲しい。また、資産運用をはじめるとともに家計を見直して、月5000円くらいの余裕ができたこともありました。以前、ひふみ投信の藤野さんが、日本人はカネに執着して寄付を全然しないと嘆かれていましたが、長期投資同様、おカネが社会に有効に役立てればと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR