FC2ブログ

意外?個人投資家は年収が少ない

 日本証券業協会は個人投資家の意識調査を行いました。 調査は8月に行われ、金融商品を保有している人2300人を無作為抽出し、1108人から回答を得ました。個人投資家とはどういう人なのか、所得別でみると年収300万円未満が47%と半数近くでダントツ。逆に2000万円以上の高額所得者は0.4%しかいませんでした。個人投資家というと、タワーマンションの上階で、見事な都会の夜景とたくさんのPCモニターをバックにしてガウン姿でブランデーをくゆらしている、なんてイメージしていたのですが、実際は全然違うのですね。年収が少ない人ほど投資をしており年収500万円未満で区切ると実に7割にのぼります。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ




 理由はおそらく、投資家の年齢によるもので、回答者のうち70歳以上が22%、60歳以上だと53%にのぼります。年金以外に収入がない高齢者の方が投資で生活費の足しにしている、ということでしょうか。ちょっと残念だったのが、20~24歳はなんと0%だったこと。25~29歳も0.2%としかおらず、若年層は全然していない。何しろ、私と同じ40~44歳ですら、6.9%しかないのです。従って収入が低い若者層ほどやっていないことになります。

 投資というとハードルが高いでしょうが、今やネット証券では500円で分散投資ができるんですよね。20代でも月500円ぐらいはなんとかなるのではないでしょうか。また、せめて40代には投資に関心をもってもらいたいのですが、現実問題むずかしいでしょうね。先日行った草食投資隊でも、私よりはるかに若い世代の方と話したのですが、会社の同僚に投資をやっているなんて、とても言えないと話していましたし、私も投資をやっているということは家族以外には話していません。

 もう一つ面白かったのが、証券保有額は100~300万円未満が26.4%と最も多かったこと。1000万円以上もっている高額保有者は21%しかいません。よくNISAの100万円という枠について、少なすぎるという意見を聞きますが、実は日本の大半の投資家にとってみれば100万円というのは結構な額にのぼるということです。NISAがその名前のとおり、少額投資の投資家を応援しているということになります。

 所有商品でいうと、株が73%、投信が51%、公社債が29%ということで、株の保有者が一番多かった。この割合は、リーマンショック前の07年(株74%、投信47%、公社債35%)から、ほとんど変わっていません。投信がやや増え、公社債がやや減ったということぐらい。アベノミクスの影響もほとんどでていません。

 NISAについてはあれだけCMをやったり金融機関が騒いでいるのに、知らない人が25%もいました。利用したいは50%で、利用したくないの24%に比べて倍近くあります。利用したくない理由については、「制度そのものがわかりづらい」が33%と最多、ついで「年間の非課税投資額が小さい」16%になっています。NISAを申し込んだ人は39%。証券会社が31%、銀行が8%とやはり証券会社が圧倒的。改善点については、非課税投資額の拡大が最も多かったそうです。

 一方、証券税制の変更で、売却益の税率が来年1月に10%から20%に引き上げられることを知らない人が54%と過半数を占めました。やはり、投資をするならば、少なくとも制度のことは勉強したほうがいいと思います。そのことすら知らないということは、個別の勉強もしていない可能性が高いですし、そうなれば、せっかく投資しても損失につながりかねません。ただ、シニア層にとっては、新しい知識を身につけるというのは難しいのかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR