FC2ブログ

世界一の詐欺師が、投資で騙されないためにアドバイス

 世界一の金融詐欺師といえば、マドフ事件の犯人、バーナード・マドフの名前が上がるでしょう。マドフは米国のNASDAQの会長、証券会社の社長として、自分の投資ファンドに多くの資金を集めましたが、実はそれはまったく架空のファンド。2008年にFBIに詐欺で逮捕されるまでに数兆円の資金を集め、被害者には野村証券など世界中の金融機関、スティーブン・スピルバーグ監督など誰もが知っているセレブが大勢含まれていました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ




 マドフは禁固150年の判決を受け、現在、刑務所に服役中です。その彼に、ウォールストリート・ジャーナルがインタビューしました。その中で、投資家が騙されないためのアドバイスを聞きました。俗に、改心した犯罪者ほど、犯罪をにくむといいますが、その中でも、表稼業は金融業界のトップ、裏では凄腕の詐欺師と金融の表裏を知り尽くした人物だけに、そのアドバイスは重みがあります。

 The best chance for the average investor is to put money in an index fund. There are lower commission rates and more professional management with these types of firms. It’s the safest and least likely place to get scammed.

 要約すれば、「普通の投資家にとって、最も良い方法はインデックスファンドに投資すること。手数料は安く、プロの管理を受けており、詐欺にあわないために最も安全な方法」ということです。

 インデックスファンドがアクティブファンドに比べてコストがかからないため、長期投資では有利といわれます。マドフは投資家として、その面を認めつつ、同時に、詐欺にひっかからないための最も安全な方法というわけです。

 投資詐欺はあとを立ちません。オレオレ詐欺のようなものは論外としても、これは絶対に儲かるという詐欺に引っかかるケースは依然、多発しています。ロト6の結果が分かるとか、架空の社債や水資源の権利確保とか。和牛商法もそうでしたね。

 そこまで犯罪的でなくても、日本は破綻するから海外オフショア投資がいいとか、大手銀行や証券会社が、今一番売れているファンドとすすめるからとか、最先端の金融工学を駆使しているヘッジファンドだとか、さまざまな甘い言葉の囁きがあふれています。

 けれども、「普通の投資家にとっては、インデックスファンドこそが、詐欺に合わない安全な方法」、ということがもっと普及すれば、こうした被害に合わケースも少なくなるでしょう。(資産が十分にあったり、自分で研究と責任が持てる人でしたら、別にオフショアだろうが、複雑なヘッジファンドだろうが、投資するのは構わないと思います)。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR