若者の給料は増え、中年は減る

 転職サービスの「DODA」は「平均年収サービス2013」を発表。アベノミクスの影響もあり、正社員の平均年収は前年比4万円増の446万円と4年ぶりのプラスになりました。ところが、年代別に見ると、20代はプラス6万円だったのに40代はなんとマイナス10万円と大幅に減少しているのでした。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ





さらに細かく見ると、35歳未満は全年齢で年収が増加、しかし35歳以上50歳未満ではほぼ全年齢で減少しているそうです。企業にとってみれば、人件費のかかる中年層は、景気が良くなっても増やすどころかとにかく削りたい、逆に、若い世代に手厚く報いても総人件費は変わらないということでしょうか。DODAでは年功序列型から成果報酬型に切り替わっている現れとしており、今後、いっそう、この傾向が顕著になりそうとしています。

 記録のある2007円から6年間でみると50代が802万円→756万円と5.8%の減、40代は670万円→598万円となんと10.8%の減少です。20代は367万円→349万円と4.9%の減少にとどまっており、40代が一番落ち込みが激しい。

 40代ぐらいとなるとバブルから団塊ジュニア世代にかけてでしょうか。私もその一員であります。若い頃にいい思いをしたバブル世代はともかく、就職難だった団塊ジュニア世代は、本当に良い思いができなかった世代ですね。私も実はボーナスが減ってがっかりしているのですが、こうなったら自助努力で、減少分を補填するしかありません。

 40代になるかならないうちに投資の勉強をはじめてよかった、とつくづく思いました。これから先も給料があがることはのぞまずに、でも、コツコツ投資をして、何とかリタイアまでしのいでいきたいと考えています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR