期待資産額に到達!

 アメリカで富裕層の調査をまとめたトーマス・スタンリー著「となりの億万長者」に、期待資産額というのが載っています。どのくらいの資産が適正なのか、という法則で、計算式は単純。年収×年齢×0.1です。年収500万で40歳なら、2000万円。年収1000万円で50歳なら5000万円という計算です。実は今回ボーナスがでて、支給額は世間と裏腹に下がっているのですが、それでも数十万円はあり、無事期待資産額を突破しました!!!


となりの億万長者―成功を生む7つの法則となりの億万長者―成功を生む7つの法則
(1997/09)
トマス・J. スタンリー、ウィリアム・D. ダンコ 他

商品詳細を見る
 期待資産額といいながら、普通に生活していると、なかなか達成するのは難しい。この計算式は働いているあいだだけで、年金生活になったら年収200万円とだから、簡単にクリアできてしまうのでしょうね。それでも資産運用と家計のあり方を抜本的に見直したおかげで、40代で達成することができました。このままリタイアするまで、期待資産額をキープできればいいなあ。

 ちなみに、蓄財優等生は期待資産額の2倍であり、かなり難しそう。一方、蓄財劣等生は期待資産額の半分となっています。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ





 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR