FC2ブログ

iシェアーズETFを売却


 東証に上場されたiシェアーズMSCIコクサイとiシェアーズMSCIエマージングを上場直後に購入しましたが、売却しました。理由は、配当金の課税が実に44%(米国で30%、さらに日本で残りの20%)もとられてしまうことが判明したからです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ



 通常、米国籍のETFの米国税率は10%ですが、このETFはJDR(海外の有価証券を裏づけとした信託受益権)であり、税率が30%。そして、日米二重課税を解消したくて確定申告をしたとしても、証券会社での受け取り方法は「株式数比例配分方式」だと外国税額控除ができません。

 さて、以前のエントリーで書きましたが「株式数比例配分方式」でないとNISAでの配当金が課税されてしまいます。また、複数の証券会社で口座を持っている場合、1社だけ「株式数比例配分方式」を選択することはできません。そうなると、NISAでの配当金に20%課税されるのか、iシェアーズのETFの配当金のうち、二重課税に当たる分を確定申告で取り戻す(税率は20%)かの選択になります。

 もし、44%の配当金の課税を認めるとなると、iシェアーズMSCIコクサイの配当利回りは直近で2.4%ですから、そのうち44%が課税され、実質コストが1%余計にかかることになります。それだったら国内籍のETFかインデックスファンドをもったほうが良いわけです。また、私がインデックス投資を中心にしているのは、できるだけ、投資に手間暇をかけたくないので、外国税額控除の計算をして、NISAの配当金も課税され、となると、時間的なコストもとられてしまいます。面倒くさいもの、よく分からないものには投資しない姿勢をもっていますので、売却することにしました。

 投資額は両方で約43万円で、売却額は約49万円ですから、5ヶ月で約14%の儲けになり、まずまずの結果。売却額は、ここのところ政情不安定で値下がりしているタイETFの買い増しに10万円をいれ、残りはインデックスの新興国株式クラスに回します。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「iS先進国株(1581)」に関する衝撃的な記事が!1581は配当で損をする?!

こんにちは。 相互リンクさせていただいている夢見る父さんのブログで、衝撃的な記事が!(私にとっては) iシェアーズETFを売却 (夢見る父さんのコツコツ投資日記) なんでも、「iS先進国株(1581)」は、同じアセットの他のETFよりも、配当で損をするというのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR